株価が値下がりするリスクを考えずに投資していないか?

負け

株式投資を始めたばかりの頃は、慎重に投資しているひとが多いです。余裕資金で投資していると入っても、1円も損したくないのが人間ですからね。

 

ただ、ある程度投資経験を積んでいくと、徐々にリスクのことを忘れて大博打ち的な投資スタイルに移行してしまいがちです。確実な裏付けもないうわさ話や、直感を信じての投資は「投機」です。ギャンブルと同じです。

 

株は絶対下がる可能性を秘めています。もちろん上がる可能性もあります。問題は、そのバランスを考えていないことです。

 

値上がり期待値に比べて値下がり期待値が低い、いい意味で不均衡なバランスの株に投資しましょう。

値上がり期待値>値下がり期待値の株を買う

この株は絶対に上がる!と予想しても、必ず下がる可能性を持っています。ただ、そのバランスはある程度見積もることが出来ます。

 

例えば、事業内容や近年の業績から考えてPERが割安。なので、高材料が出ればグッと値上がりそう・・。というような株があったとします。そもそも優良株なので、悪いニュースがでてもこれ以上下がりそうにありません。

 

こういう株であれば、値上がれば20万円。値下がっても−5万円程度と考えることが出来ます。こういう、いい意味でアンバランスな株を見つけて投資しましょう。

 

注意しなくてはいけないのは、目先の利益を追って、そもそも優良企業ではない株に投資してしまうことです。ちょっといいニュースがでたからといって反射的に投資してしまっては、リスクバランスを見誤ります。射幸心を煽られないようにしましょう。

まとめ

  1. 株価は値上がる可能性があるのと同じく、必ず下がる可能性がある。
  2. 値上がり期待値が値下がり期待値よりも大きい株に投資する。
  3. ウワサや直近のニュースに釣られて、反射的に投資しない