答えの出ない悩みから脱するための3つの方法

考える女の子

何かしらの問題に直面したとき、永遠と考えこんでしまうことがあります。

目的が明確であっても、自分の手札が少なすぎて、目的へ到達するため有効な手段が導き出せない状態です。

机の前で長時間悩んで答えが出ないんだから、それ以上悩んでもノーチャンス。違う方法を試してみるほうが生産的です。でも、なぜか悩んでいる最中は気づかないことが多いんですよね・・。

どうすれば堂々巡りで悩んでいる状態から素早く脱して、問題解決することができるでしょうか?

直面している問題の関連書を読む

一つの方法としては、直面している問題の関連書を読むことです。

悩んでも答えがでないのは、答えを出すのに必要不可欠な情報が足りないことが原因かもしれません。そういう場合は、その情報を見つけることで悩みの無限ループから脱することができます。

カレーが作りたいのに、冷蔵庫にじゃがいもと人参しかなければ、いくら悩んだところでカレーは作れませんよね?カレー粉が必要です。

つまりそうゆうことです。

必要な情報がないから、そもそも悩んだところで答えは出ない。必要な情報を取り入れないといけません。それには読書が一番手っ取り早いです。

ネットでもいいですが、一つのテーマの情報が一冊にまとまっている本を読むほうが効率的です。参考文献リストも明記されている場合が多いですから、情報の確実性も高まります。

散歩する(運動する)

もし、必要な情報が全てそろっているのに、答えが導き出せない状態なのであれば、軽く運動することをおすすめします。

脳に正常に酸素と血液が送られていないために、思考がスムーズに行えない。ゆえにクリティカルな解決案が出せないのかもしれません。

考え方を変えよう!と考える」のではなく、考え方が変わるように、外部から体を刺激してやるということです。

新鮮な空気を取り込み、血流を良くし、脳内の老廃物を排除する。

運動前よりいいアイデアを思いつける状態が整っているはずです。

音楽を聞く

運動嫌いなのであれば、音楽を聞くというのもいい方法です。普段聞かないようなテンポの曲がおすすめです。

アップテンポの曲で思考のリズムを強制的に上げたり、スローな曲でゆったり解放的に考えてみたり。脳内の情報を音楽でマッサージしてやるようなイメージです。

ふとした瞬間に、歌詞のワンフレーズが問題解決の糸口になったりします。

まとめ

  • 本を読む
  • 運動する
  • 音楽を聞く

以上が、答えの出ない悩みから脱するための3つの方法です。

どれも単純で、知ってたよってことばかりかもしれませんが、ホント不思議なことに悩んでいる最中には気づかないんですよね。

「30分悩んだら、運動する!」とか、付箋に書いてパソコンに貼っておいたりすると、我に返って悩みの無限ループから抜け出しやすくなりますよ。