読みかけブックタワーでスマートに本を買って、読んで、捨てる。

読みかけブックタワー-06

があふれるっていうのは、何も読書好きの人だけの悩みではありません。賃貸マンションに住んでいる人であれば、実家と比べて部屋が狭くなってちゃいがちですよね?そうであれば、本の数は増えなくても本が部屋を占有する割合は増えてしまいます。まぁ、広い賃貸マンションに優雅に住んでいる人であれば別ですけどね。

わりと狭めの賃貸マンションで暮らす人といえば、新社会人学生でしょうか?どちらも沢山勉強しなくてはいけないですし、望まなくても本の数は増えていってしまいます。無理やり本棚の前後に二段収納して、結局奥の本は読まなくなるっていう・・・ね。あるある話です。

本棚に収まりきれないほど増えた本って、どうしてます?私は断裁機ScanSnap購入して、ガシガシ自炊してたんです。でも、バラバラになった本の処分、断裁とスキャンの手間が嫌になって、結局いまはBOOKSCANでスキャンしてもらっています。

だけど、結局スキャンしてデータ化してもらった本って、その後読まないんですよね。うん、ほぼ見返さない。

ほんと、本の扱いって難しいもんです。本当に欲しいものは、本の中身の『情報』だけで、本自体は必要ないわけですからね。この悩みは当然といえば当然のものです。

ただ、当然だからと言って、人生終わるまでこの悩みと付き合っていきます?私は絶対イヤですっ!

なので、買った本をドンドン捨てていけるフローシステムを作ることにしました。そのフローシステムを作るのに必要不可欠だったのが、「読書を仕事につなげる技術」で紹介されていた読みかけブックタワーです。この本棚のおかげで、買うたび増えていく本の悩みからやっとこさ解放されました。

もし、同じように物理的な本の扱いに困っている人はぜひご参考に。

読みかけブックタワーとは?

美しい積ん読スタイル 読みかけブックタワー [日本製 完成品] (ハイタイプ, ナチュラル)

ソファー横の30㎝のスペースに、読みたい本、読みかけの本がなどがすっきりと収まります。作家別、ジャンル別、読む順番にと、並べ替えも簡単。お気に入りの本をインテリアのように楽しめます。ベッドサイドに置いて、おやすみ前の読書用にもお勧めです。厚さ2cmの文庫本を1段に7冊まで収納できます。

引用:美しい積ん読スタイル 読みかけブックタワー [日本製 完成品] (ハイタイプ, ナチュラル)

こちらが「読みかけブックタワー」です。収納量別に、9段ハイタイプと5段ロータイプがあります。

 

読みかけブックタワー-01

私はわりと頻繁に本を買うので、9段ハイタイプを購入しました。カラーは木目が美しいナチュラルタイプです。シックなダークタイプもあるので、その辺はお好みで。

斜めの傾斜つきで本が安定する

読みかけブックタワー-02

横から見るとよく分かるんですが、本を置くところが斜めに傾斜しています。これによって、本自身の重さで本が安定するんですよ。

しかも、斜めになっているので、本を正面から取り出すときに掴みやすいんです。ちょっとしたところですが、良いデザインですね。

144cmでもぐらつかない

読みかけブックタワー-05

9段ハイタワータイプは、わりと背丈が高くて144cmもあります。これだけの高さになると、グラグラしないか不安だったんですが、ご覧のとおり底部がしっかりとした構造になっているのでぐらつきません

 

読みかけブックタワー-03

本を置くプレート部分はビス2本でしっかりと本体に固定されています。底部と同じく、こちらも安定しています。

本をドンドン捨てていくフローシステムとは?

読みかけブックタワー-06

買った本をドンドン捨てていくフローシステムなんですが、特別難しいことはしていません。読みかけブックタワーの上半分に読みかけの本を置き、下半分に未読の本を置く。それだけです。

読書中の本が残しておきたいほどよい本であれば、読みかけブックタワーとは別のもう一つの小型の本棚に収納する。特に必要ない本であれば捨てる。以上です。スキャンはよっぽど必要でないかぎりしません。

捨てるときに重要なのは、未練を持たないということです。「あとあと必要になるかな・・?」と感じることはあるのですが、それはその時に買い直せばいいだけのこと。

お金が勿体無いと感じるかもしれませんが、いつ来るかもわからない、その本が必要になる時まで本を置いておくことのほうが勿体ないです。スペースを無駄に使っています。本に賃貸料を支払ってもらいたいぐらいです。

本から必要な情報のみをピックアップし、サクサク読み捨てていく方法については「読書を仕事につなげる技術」に書かれています。ぜひご一読を。一応レビュー記事も書いていますので、そちらも参考になるかもしれません。
(参考:【書評】読書量を増やし、年収をアップさせる方法とは?/外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術

おわりに

どんどん本を読んでは捨てていくには、読みかけブックタワーを”本の関所”という感覚で使うのがいいかと思います。

 

  1. 本購入
  2. 読みかけブックタワーに置く
  3. 読みかけの本は上段に、未読の本は下段に置く
  4. 必要ないと判断した本は捨てる

 

この手順を踏むだけで、本が増えていくことにストップをかけることができます。

もちろん、普通の本棚を使って同じような方法で本を読んでいた方もいるかもしれません。でも、読みかけの本、未読の本、読み終わった本を一つの本棚で管理するのは難しいと思います。

読みかけの本と未読の本は、読みかけブックタワーに。読み終わって必要だと思った本は、もう一つの本棚に。合計2つの本棚で管理するのが、個人的にはベストかなと思ってます。

 

本棚が減り、情報収集速度が上がり、新しい知識の風が脳内に流れ込む。
鮮度が高く、利用価値の高い情報をコンスタントに吸収していく

 

実は本を整理するという目的の先には、この真の目的があるんですよね。

「誰かの体験や知識を、自分のために活用する。」読書って単純な行為なんですが、超有益なんですよね。大人になるにつれ、若い頃からもっと本を読んでおけばよかったと後悔します。

読みかけブックタワーを活用した読書フローシステムで、少なくともこれから先は読書で後悔しないようにしていこうと思ってます。