PERの意味とは?

あきらめ

株式情報サイトや、会社四季報などでよく参考にされる株価指標の1つとして『PER』があります。このPERの意味を正確に理解しているでしょうか?

 

なんとなくPERが高いと割高。PERが低いと割安。というイメージはあるけど、PERを本当に理解していないという人は、一緒におさらいしておきましょう。そんなに難しくないですよ。

PERとはPrice Earning Racioの略

PERPrice Earning Ratioの頭文字です。日本語では株価収益率と言われています。現在の株価が、一株益に対して何倍で取引されているか?を表します。

 

一株益とは、会社の純利益を株式発行枚数で割った値のことです。一株あたり、会社がいくら利益を稼いでいるか?を表します。つまり、一株益の値と株価の値が同じであれば、PERは1になります。

 

仮に、額面通り会社の価値が純利益から評価されたとすれば、一株益=PERとなります。しかし、市場では様々な期待や憶測で株価が売買されますから、実際の株価は高くなったり低くなったりするわけです。なので、PERの値も変わるというわけです。

 

  • 一株益=純利益÷株式発行枚数
  • PER=現在の株価÷一株益

適切なPERの値とは?

一概にPERが◯◯であれば、割安。という事は言えないのですが、PER10〜20が平均的な値だと言われています。ですので、PERが2桁未満であれば割安の株だということが出来ます。

 

しかし、業績不審だったり、将来性がない企業だったりすると、PERも下がりますので、PERが低いからといって、安易に手を出してはいけません。安かろう悪かろうな株を買っても損するだけです。

 

業績もいいし、将来性もあるのに、何故か正当に評価されず、割安なまま放って置かれている株を見つけましょう。

まとめ

  1. PER=現在の株価÷一株益(※一株益は、純利益÷株式発行枚数)
  2. PERが低いからといって、安易に購入してはいけない。