PERではなく、PBRで判断する株の買い時とは?

お金頂戴

PERと同じように、よく使われる株価指標の1つにPBRがあります。

 

PERが純資産という収益性から株価の割高割安を判断しているのに対して、PBRは純資産額から判断します。

 

どちらもよく使うので、合わせて覚えておきましょう。

PBR(Price Bookvalue Ratio)とは

PBRは、現在の株価が1株純資産(会社の純資産額を発行株式枚数で割った値)に比べて何倍か?を表します。

 

PBR=株価÷1株純資産(純資産額÷発行株式枚数)

純資産は会社の解散価値

純資産は、会社が負債等を全て支払って最後に残るモノといえます。なので、会社の解散価値とも言われています。

PBRが『1』であれば買い時

会社が継続的に業績を上げていれば、それにしたがって信頼実績が積み重なっていき、ブランド力がついてきます。目に見えない価値が増えてくるというわけです。

 

なので、PBRはほとんどの場合、1倍を大きく上回っています。しかし、震災や一時的な不況(リーマンショックなど)にみまわれた場合はPBRが1近くなる場合もあります。実際、1倍を割り込む銘柄もあります。

 

そういうときは、会社の解散価値以下で株が取引されているわけですから、買い時といえます。しかし、不況を乗り切る体力が無かったり、明らかにされていない株価低迷の理由などがあれば、PBRが低いままといったこともありますので、注意が必要です。

まとめ

  1. PBR株価÷1株純資産(純資産額÷発行株式枚数)
  2. 純資産は会社が解散したときの価値
  3. PBRが「1」近くであれば買い時