老後は誰もが投資家にならざるを得ない理由とは?

マネー_01

なぜ私がお金の知識を身につけようと真剣に考えているか?についてお話しますね。

 

(お金のことって、よっぽど信頼のおける人か分かり合ってる人でないとオープンに話せませんが、ブログだともう少し気軽に誰にでも伝えることができるので便利ですね。自分の考えをまとめておくのにも便利。)

 

さて、なぜお金の知識を身につけなければならないのか?私だけでなく、あなたも、あなたの友だちも、誰もが身につけなければならないのは何故か?それは、老後に働いてお金を得ることはできないからです。働きたくてもサラリーマンには定年制度がありますから、60歳前後で退職となります。そこからいきなり収入ゼロでリタイア生活が始まります。

 

なので、定年までに稼いだお金を運用し、毎月安定した収入が入ってくるよう資産運用スキル(ファイナンシャルリテラシー)を身につける必要があります。

 

「いや!私は手に職つけているから60歳超えても稼げる!」

 

こういう考えを持っている方もいらっしゃるかもしれません。もちろん、その意気込みや考え方は大切だとは思います。しかし、望む望まざるにかかわらず、身体は衰えていきます。若い時のようにはいきません。壊れやすく、治りにくくなっている身体で無理をするとどうなるでしょう?自分はおろか家族にも迷惑をかける可能性が高いです。ですので、出来るだけ早いうちに投資の知識(ファイナンシャルリテラシー)を身につけておくことは必須です。

 

「退職金がもらえるから大丈夫!」   こう考えている方もいるかもしれませんね。でも、病気や不慮の事故があれば計画通りにはいきません。逆に計画より長生きした場合も大変です。残金がなくなれば生活できなくなります。もちろん、その年齢で雇ってくれるところも働ける職もないでしょう。

 

人間である以上、誰もがみな年を重ねることから逃げられません。ですので、老後は誰もが正しい資産運用で安定した収入を得られるようになっていないといけません。

 

これが私がお金の知識を身につけようと真剣に考えている理由です。

 

私は幸か不幸か、会社を辞めて収入がゼロになるという経験をしました。働いていれば毎月入ってきたであろう収入がぱったりと無くなり、また快活に働ける状態でもなかったので、その間の生活は非常に惨めなものでした。この先どうなるかわからないという恐怖から逃れることは出来ませんでした。

 

ある意味、老後の生活というのを若いうちに擬似経験することができたということです。なので「お金なんて関係ない」「お金よりも大切なことがある」って反射的に答える人が少し苦手です。『あなた、本当にお金が入ってこない生活の惨めさ知ってる?』って思ってしまうんです。(苦笑

 

ただ、そういう人たちと口論しても意味は無いですし、時間の無駄ですよね。お金の大切さを本当にわかってる人は、そういう人たちとうまく付き合いながら裏で淡々とお金を運用して稼いでいます。賢い投資家とはこういう人たちです。できれば私もそうなりたいと思います。

 

なので、LIFEQAでは老後を見据えた資産運用のために、投資に関する記事を更新していこうと思います。私も読者の方も、安心して老後を迎えられる。本当にお金のことを意識しなくても済むような額の資産を築けるようになる。それが目標の一つです。

 

ローマの道も一歩から。まずは1記事づつアウトプットして、知識をしっかりと身につけていければと思います。