ゴールドパン購入!つまんで持ち上げられる超軽量チタン製フライパン♪

ゴールドパン_14

チタン製のフライパン『ゴールドパン』を購入しました!

健康に気をつけていれば、結局は自炊に行き着くわけですが、私はパフォーマンス向上にも興味があるので「時短」も実現したいわけです。

素早く調理できて、しかも調理や手入れが負担にならないほど軽いフライパンなんて都合のいいものがあるのかな・・?と探していましたところ、見つけました!そういうのあるんですね〜。

このチタン製のゴールドパンは一般のフライパンと比べて1/2〜1/3の重さと非常に軽量!

熱伝導率も高いので、短時間で手早く料理を仕上げられますよ。

チタンゴールドパンとは?

ホリエ チタンゴールドパン 24cm

特徴

  • 軽く!手早く!使いやすい! 弊社独自の表面処理による焦げないチタン鍋。
  • 皮膜改質で焦げにくい。
  • 抜群の熱効率で省エネ。
  • 家庭でプロ並みのおいしさ。
  • チタンは軽くて調理が楽。
  • 光触媒作用で衛生的。
  • 錆びずに丈夫!半永久的。

仕様

  • 寸法:約φ24×H7.2cm
  • 底の厚さ:約1.2mm
  • 容量:約1.8L 
  • 重量:約270g

材質

  • 国産純チタン、桐(木柄部分)
  • 生産国 日本

引用:ホリエ チタンゴールドパン 24cm

ご覧のとおり、ホントにゴールドなんですよね。思ってたよりゴールドで、ちょっとびっくりしました。

風水的にもなんとなく良さそうなので特に問題はないのですが、意図せずキッチンが豪華に・・・。

ホリエ チタンゴールドパン 24cmのセット内容

ゴールドパン_01

ホリエ株式会社は、あまり聞いたことがない会社名なので不安でしたが、「チタン」という素材の取り扱いに関しては専門の会社のようです。
(※HORIE Corporation_チタン加工ならHORIE

そういった意味では、フライパン専門の会社が思いつきでチタン製フライパンを作るよりも、長持ちする製品を作ってくれそうな気はしますね。

 

ゴールドパン_02

今使っているフライパンは27cmなんですが、一人暮らしにそこまで大きい物は必要ないかなと感じていました。

一回一食分程度しか作れなければ、「作りすぎて食べ過ぎちゃう」なんてことも防げていいかも・・なんて淡い期待もこめてゴールドパン24cmを購入。

 

ゴールドパン_03

ダンボールの中身には、ゴールドパン本体の他に取扱説明書や料理レシピなども入っています。

特に取り扱いが難しい製品というわけではないので、注意事項2〜3行読めば全部捨ててしまっても大丈夫ではあります。料理好きな人はレシピ集を試してみるのもありかと。

チタンゴールドパンの取り扱い注意事項

ゴールドパン_04

直ぐに温まるので、調理前に暖める必要はありません。これホント!

私のところはIHのキッチンなのですが、通常のフライパンを使う時の『一旦フライパンを温めて→野菜を入れる』の手順がいりませんw

逆です!

『野菜を入れて→IHのスイッチオン』

これでOKです。直ぐゴールドパンが温まりますし、熱伝導率が良いので基本的に中火で十分。強火はほぼ使っていません。

 

ゴールドパン_05

調理や洗うことによって表面の膜は薄くなりますが、調理時の熱と空気中の酵素によって常に再生しますので、焦げにくい効果に変化はありません・・・って、次世代超素材みたいな文章が書いてありますが、まぁ普通のチタンだと・・思います。

「中性洗剤(※チャーミーマジカとかね。)を使うこと」と、「焦げ付いたら水をたっぷり入れて沸騰させてやればプカプカ焦げ付き部分が浮いてくる」ってことを覚えておけば問題ないかと。

やはり、直ちに熱が伝わるぶん焦げ付きやすいのは確かですね。ただ、しっかり油をひいておけばある程度防げますのでそこまで心配はいらないかと思います。2、3回野菜炒めでも作れば扱い方はつかめますのでご安心を。

 

ゴールドパン_06

「チタンは溶ける」とか「料理の味が変質する」ということはありません。

しかも、錆びない漂白剤に入れてもOKという結構丈夫な素材です。

 

ゴールドパン_07

要点をまとめると、

  • 皮膜改質で焦げにくい
  • 抜群の熱効率で省エネ。(調理前の加熱不要)
  • チタンは軽量で調理が楽。
  • 光触媒作用で衛生的。(光抗菌)
  • 半永久的に錆びない
  • 塗料無使用で安心。

ということですね。

ここまで良い素材ならチタン万歳って感じ。

チタンゴールドパンのデザイン

ゴールドパン_08

先端部のお椀のような部分(パン)が、取手のワイヤーについているという、極めてシンプルなデザインです。無駄なものなしという印象。

グリップ部分を木製にすることで、軽量さと握りやすさを保っています。

 

ゴールドパン_09

取手丈夫には「TITAN-100」のロゴが。

 

ゴールドパン_10

一見、取手とお椀(パン)部分の接合部分がちょっと頼りないかな・・・っと感じなくはないのですが、かなり軽量なのでこれで十分がっちり接合できています。

グラつきも隙間もありません。振り回してもカチャカチャ音がするなんてことはありませんね。

 

ゴールドパン_11

頼りなさそうとは言っても、やはりそこはチタン専門のホリエ株式会社

極めてしっかり接合加工されています。アップで見るとよく分かりますね。

 

ゴールドパン_12

内側もしっかりと。

 

ゴールドパン_13

直径24cmとはいっても、深さがけっこうありますのでグツグツと煮込み料理なんかも可能です。

 

ゴールドパン_14

ホントつまんで持てる軽量さ!

実際のところ「何グラムなのよ?」ってのが一番気になるところかと思いましたので、実際に測ってみました。

ホリエ チタン ゴールドパン 24cmの重さ

ゴールドパン_16

こちらが今まで使っていた27cmの一般的なフライパン。645gですね。

片手で炒めものなんかしてると「腕が疲れてくる」という感覚がありますね。いくら1kg切ってるからって、こればっかりはごまかせない。

 

ゴールドパン_15

こちらがゴールドパン 24cmの重さ。278gです。

300g切ってるw

27cmから24cmのサイズダウン分はあるとしても、異常に軽いです。おもちゃのような軽さというか、プラスチック製?ってぐらいですね。ほんと軽い。

もちろん、軽量さのみならず熱伝導率の良さも見逃せない良いポイント!

例えば、私が料理下手ってこともあるんですが、いつも野菜炒め作るときは水浸しになってたんです。わかります?野菜から水分が出ちゃって、十分に野菜に熱が通る頃には野菜がシナシナになっているという・・・。

ですが、ゴールドパンの場合、野菜から水分が出る前に熱が通ってしまうので、サクッと歯ごたえがあるうちに野菜炒め完成!ってな感じです。

私ですら料理時間短縮したんですから、おそらく料理上手な人であれば、焦げ付きもゼロでかなり料理時間の短縮に効果があるのではないでしょうか?

家事の負担を軽くして、しかも料理時間を短縮したい人は試してみる価値あると思いますよ。