ブログの文字装飾をシンプルにする3つの使い分け方

ブログの文字装飾について

ブログで文章をアップするのに慣れてくると、問題になってくるのがこの文字装飾です。

CSSやHTML等に詳しい方であれば、Wordpressのエディタに標準でついている文字色や文字サイズ変更機能は使わずに、自分でカスタマイズした文字装飾を使っている方もよく見かけます。蛍光マーカーはその代表例ですね。

しかし、使えば使うほど、それは自分のエゴなのか?本当に読み手にとってわかりやすくなっているのか?わからなくなってきます。

本当に必要な文字装飾はどれなのでしょうか?
その数はいくつなのでしょうか?

文字装飾を使うデメリット

よく見かける文字装飾を大きく分けると、以下の種類があります。

  • 文字の大きさ
  • 文字の太さ
  • 文字の色
  • 蛍光マーカー

大枠で見ると、この4つですが、これらの要素がそれぞれ組み合わさって使われているので、実際はもっと複雑です。たとえば、小さい文字を赤色にしていたり、太い赤色に黄色い蛍光マーカーを使っていたり・・・。

「グラフィック(画像)」として見ると、賑やかです。見た目の印象は分かりやすいのかもしれません。ただ、たくさん文字装飾を使った文章は読みづらいです。内容が頭に入ってきません。

いま読んでいる3行先の蛍光マーカーがちらついて文章に集中できない。使われている色数が多すぎて、どういう意味(役割)として使われているのかわからない。などなど、非常に混乱します。

また、複雑にCSSでカスタマイズした文字装飾を使っていると、あとあと文字装飾のルールを変更したくなった時に、手直しが大変です。

そもそもブログを公開するということは、「読んでもらう」ということが最も重要視される部分ではないでしょうか?であれば、読み手が読みやすく、文章の内容に集中できるように書いたほうがいいはずです。

つまり、シンプルが一番。

では、文字装飾をシンプルにするためには、いくつの文字装飾が必要なのでしょうか?

必要な文字装飾の数を決める

文字装飾の数は少ないほうが分かりやすいです。例えば文字装飾の種類が5つ以上あると、読み手がその5つの役割を記憶しながら文章を読まなければなりません。できるだけ少ない方が読み手に負担がかかりません。

では、最小限の文字装飾の数はいくつなのか?

個人的には、以下の3つで十分だと思います。

  1. 強調
  2. 悪い強調(どちらかと言うと否定、危険なイメージ)
  3. 良い強調(ポジティブなイメージ)

通常のテキストとは別に、強調(太字)。そして、その強調された文章の中でも更に強調したい部分に、悪い強調と良い強調を使う。といった具合です。

このルールだと、「文字の太さ」「文字の色」の2つだけが変わることになります。これに加えて「文字のサイズ」「フォントの変更」「バックグラウンドの変更」などを追加で使ってしまうと、どんどん複雑になってしまいます。

 

Less is more.
Keep it simple.

 

いろいろやりたくなる気持ちはわかりますが、シンプルが一番だと思います。控えめでいきましょう。その方が読み手にとっては読みやすく、文章の内容に集中してもらえるはずです。

私のおすすめ文字装飾

さきほどの3つの文字装飾を実際に使ってみるとどうなるのか?試してみましょう。

以下の文章が、3つの文字装飾を使った例です。

 

普通のテキストと強調されたテキスト
強調されたテキストの中の「悪い強調」部分と「良い強調」部分

 

このようになります。
これは蛍光マーカーを使わない場合の例です。蛍光マーカーを使う場合は、以下のようになります。

 

普通のテキストと強調されたテキスト
強調されたテキストの中の「悪い強調」部分と「良い強調」部分

 

どうでしょうか?
個人的には、蛍光マーカーを使うよりも文字色を変える方がシンプルでいいのではないかな?と思っています。ただ、文字色が急に変わるとチラついてしまうというデメリットもあります。

そういった意味では、蛍光マーカーを使う方が落ちつてい文章が読めるのかもしれません。

ま、この辺は人それぞれですね。使ってるうちに、私も蛍光マーカーの方がいいと思って変更する可能性もありますし。

途中で蛍光マーカーに変更する場合も、文字装飾のカスタマイズは3つだけで済むわけですから、簡単です。手間はかかりません。

ブログをこれからドンドン更新していこうと考えている方は、早めに文字装飾のルールを決めておいたほうがいいかもしれませんね。記事が多いほど修正するページが増えてしまいますから。

人生QAも100記事を超えてきましたので、この辺りで文字装飾のルールを決めておこうと思います。早めに気づけてよかった、ふぅ。

 

追記:

スマートフォンで表示された場合を考えると、蛍光マーカーより文字色を変えるほうがいいかもしれませんね。文字がスッキリして見えます。

また、ブログの文字色を黒ではなく、グレーに変更している人の場合、蛍光マーカーと文字色とのコントラスト比が低くなってしまうので、文字が読みづらくなる可能性もあるかと思います。

蛍光マーカーは使いやすいですし、今後も使い続けていきたいところではありますが・・・。読み手のことを考えると、書き手の使いやすさより読みやすさを優先した方がいいのかもしれません。

んー・・、明確に答えは出ませんが、シンプルが一番ということは変わらないですね。