特定口座で株式投資の税金申告を代行してもらう

先生と生徒

株式売買で得る売買益(譲渡益)と配当には税金がかかります。儲けた分だけ丸ごと利益を得られるわけではありません。

(※売買益や配当にかかる税金は20.315%(所得税15.315%、住民税5%))

 

現在もらっている給与とは別に、売買益分にかかる税金を自分で計算し、確定申告する必要があります。この申告分離課税の手続きは、年に1回しなくてはいけないので、非常に面倒です。

 

ですので、この手続きは証券会社に代行してもらいましょう。

特定口座を選ぶ

証券口座を開設する時に「特定口座」を選択しましょう。

 

それだけで株式投資の売買で税金処理をする必要がなくなります。全て証券会社が代行してくれます。自分で確定申告をする必要はありません

 

「一般口座」を選んでしまうと、自分で税金処理をしなくてはいけないので、要注意です。

自分で確定申告をした方がいい場合

一年間の株式投資の売買を総計し、マイナスになってしまった場合、マイナス分を翌年以降の3年間に限り、譲渡益から控除できます。

 

こういう場合は、節税になりますので確定申告したほうが良いです。

 

例えば、今年100万円の損失を出し、来年1000万円の利益が出た場合は、900万円分に対してのみ税金がかかります。(1000万円ー100万円=900万円)

まとめ

証券口座は特定口座」を選択し、株式投資の売買で必要な税金処理を代行してもらう