投資信託で儲けるには?売却益と分配金だけでは儲からない理由

チャート_上げ

投資信託儲けたい!

わざわざ損するために投資する人はいませんから、こう考えるのは当たり前ですね。例え経験を積むための少額投資だったとしても、損はしたくないはずです。

であれば、投資信託で利益が出るポイントを知っておくことは重要です。一体何がどうなれば利益が出るのか?儲かったといえるのか?

一つづつ基本からおさえていきましょう。

売却益

投資信託には「株価」と同じように『基準価額』というものがあります。

大抵は「1万口辺り◯◯円」と記載されており、その金額を支払うと決められた口数の投資信託を購入することができます。

この『基準価額』は、株式投資の「株価」と同じように日々上下します。なので、基準価額が低いときに購入し、高いときに売れば『売却益』を得ることができます。

これが投資信託で利益が出るポイントの一つになります。

分配金

投資信託には、決算時に投資家に支払われる『分配金』というものがあります。株式投資でいうところの「配当」のようなものです。

この分配金は、投資信託の保有口数によってもらえる額が変わります

1口あたり200円の分配金が支払われる投資信託であれば、保有口数 × 200円分の分配金が支払われます。これが投資信託で利益が出る2つめのポイントになります。

ただ、分配金は投資信託の原資から切り崩して支払われるものですので注意が必要です。つまり、分配金を支払った後は投資信託の純資産総額が減るということです。

純資産総額が減れば、当然 投資信託の基準価額も下がることになります。

トータルリターンで考える

投資信託は、基準価額に分配金をプラスしたトータルリターンで考えることが大切です。

例え分配金を受けとっても、そのぶん投資信託の原資が切り崩されて基準価額が下がれば意味がありません

トータルリターンで考えると1円も儲かっていないとい可能性もあります。

まとめ

繰り返しになりますが、投資信託の儲けは、基準価額と分配金を合わせたトータルリターンで判斷しましょう。

売却益だけみていても、分配金だけみていても、基準価額だけみていても意味はありません。結局、全て合わせてプラスになっているのか?が重要です。なので、分配金が高いという理由だけで投資信託を選んではいけません。あくまで総合的に判断しましょう。