資産配分の結論!余裕資金をどの投資信託にいくら投資すれば良いのか?

お札と硬貨_w800

投資信託に投資するときの資産配分はどうすべきか?

この結論はすでに決まっています

もし、あなたが一日中チャート図とにらめっこしながら、リアルタイムでハイリスクなデイトレードに身を投じる気がないのであれば、基本的にここで紹介する投資方法で、平均利回り約5%のリターンを得ることが出来ます。

もしかすると、低いと感じるかもしれませんが、定期貯金の何倍も良いリターンです。また、一度投資してしまえば、株価の動きに一喜一憂する必要がありません。家族や仕事に集中して、人生を有意義に送ることが出来ます。

株のために人生を使うのではなく、自分のために人生を使いたい』という方であれば、この方法がぴったりです。シンプルでリスクが少なく、株初心者でもすぐに始めることができます。

あなたがトレードのプロでないなら、本業に集中し、技術を磨き、実績を上げつつ、一定の利率で資産を増やして行くことができる、この方法を選ぶのがベターだと思います。

では、具体的に「何にいくら投資すればいいのか?」を紹介します。

余裕資金を3つに分ける

まず、自分の持っているお金を3つに分けることからスタートします。

3つの分け方は以下のとおりです。

  • 当面の生活に必要なお金
  • リスクをとりたくないお金
  • リスクをとってもよいお金

以上です。

一つ一つ解説していきます。

当面の生活に必要なお金とは?

持っているお金を全て投資してしまうと、生活に支障が出てくるのは当たり前です。食事や散髪などにもお金はかかりますから、ある程度自由に引き出せて自由に使えるお金は、投資資金とは別に確保しておく必要があります。大体給料3ヶ月分くらいあればいいでしょう。

もし、投資で投資資金全てを失ったとしても、3ヶ月余裕があればその間に対処できます。

最悪の自体を想定し、最低限の生活が送れる金額は、投資せずに持っておきましょう。

リスクをとりたくないお金

リスクをとりたくないお金は、ほとんどリスクのない『国債』に投資します。

国が崩壊でもしないかぎり、国債に投資したお金がなくなることはありません。つまり、銀行よりも安全ということです。しかも、銀行に貯金するより運用利回りが高いです。

ただ、運用利回りが高いといっても、安全優先でリスクをとっていない分、リターンは微々たるものです。

リスクをとってもよいお金

リスクをとってもよいお金で投資信託を購入することになります。

投資信託は、個別銘柄ではなく、世界全体の会社に少しづつ投資することでリスク分散します。なので、リスクをとるといっても、リーマンショックのように下がってしまうことは極めて稀です。(※約2.3%の確率)

優良な投資信託に長期間投資し続けた場合、おおよそ5%のリターンを得ることが出来ます。

 

以上3つが、年利約5%の投資を実現する際にまず行ってもらう資産分けになります。
まとめると・・・

  • 当面の生活に必要なお金(約給与3ヶ月分)を持っておく
  • リスクをとりたくないお金で「国債」を買う
  • リスクをとってもよいお金で「投資信託」を買う

ですね。
次に、分けた資産で何をいくら購入すればいいのか?投資ポートフォリオについて具体的に紹介します。

リスクをとりたくないお金を『個人向け国債(変動金利10年型)』に投資する

先程もいいましたが、国債は国が破綻してしまわないかぎり返ってきます。

当たり前ですが、銀行よりも国のほうが安全です。国が崩壊すれば、銀行も潰れるほかありませんが、銀行が潰れても国は崩壊しません。ですので、銀行にあずけておくよりも個人向け国債に投資しておいたほうが安全です。

また、金利に関しても貯金の金利よりも高いので、選ばない理由はありません。

「10年型」とはいっても、10年間絶対引き落とせないということはありません。1年間分の金利をペナルティとして支払えば、いつでも下ろせます。

リスクをとってもよいお金を『上場インデックスファンドTOPIX』と『ニッセイ外国株式インデックスファンド』に投資する

上場インデックスファンドTOPIX」は、TOPIX(東証株価指数)に連動した動きをするインデックスファンドです。東証一部に上場している全ての銘柄を少しづつ持っているとイメージすればいいでしょう。

ニッセイ外国株式インデックスファンド」は、日本を除く先進国23ヶ国の株式を指数化した「MSCI コクサイ インデックス」に連動した動きをするインデックスファンドです。

 

もう、察しがついた方もいらっしゃるかもしれませんね。

そう、この2つの投資信託に、リスクをとっても良いお金を50%50%で投資することで、全世界の株式を保有しているのと同じような状態になります。

 

以上が「余裕資金を何にどれだけ投資すれば良いのか?」の結論です。

まとめると、以下のとおりになります。

  • 余裕資金を、①当面の生活費、②リスクをとりたくないお金③リスクをとって良いお金の3つに分ける
  • リスクをとりたくないお金を「個人向け国債(変動金利10年型)」に投資する
  • リスクをとってもよいお金を「上場インデックスファンドTOPIX」と「ニッセイ外国株式インデックスファンド」に半々で投資する

「もう、ややこしいことを勉強するのは嫌!」って方は、この投資方法をそのまま実践することで、平均 約5%の運用益を得ることが出来ます。

もちろん、もっと手数料の安い投資信託もありますが、ここで取り上げている投資信託も十分安いので、たとえ最安手数料の投資信託と比較したとしても、その差は微々たるものです。

また、税金を下げるテクニックなどもありますが、いろいろと手続きが必要になってきます。でも、勉強は嫌!めんどくさいことも嫌!って方は、この投資方法で低リスクかつ必要十分なリターンが得られるでしょう。

 

「もう少し投資の勉強をして、手数料も税金も安くしたい。」
「なぜ、この2つの投資信託に投資すべきなのか詳しく知りたい。」

 

と、投資に興味を持たれた方は、次回の記事から10ステップにまとめて、実際に投資信託を購入するところまで解説していきます。