Macでファイルの拡張子を表示させる方法

拡張子表示-02

ファイルの拡張子の表示をオンにすると、ファイル名の後ろに.jpgや.movといった拡張子が表示されるようになります。

不意にダウンロードしてしまった知らないファイル(.exeファイルなど)を開かないよう、拡張子表示をオンにしておきましょう。

設定方法は簡単です。

拡張子を常に表示させる方法

拡張子表示-01

まず、Finder>環境設定をクリックします。

 

拡張子表示-02

環境設定>詳細から、「すべてのファイル名拡張子を表示」をオンにします。

これで設定完了です。各ファイルの拡張子が表示されるようになりました。

 

Macの初期設定で、このファイル名の拡張子表示と、各種バー(ステータスバーやパスバーなど)の表示は基本中の基本だと思います。

MacのOSを再インストールした後は、まず設定するように習慣づけておきましょう。

参考 Macの再インストール(クリーンインストール)方法。※El Capitan版

参考 MacのFinderでタブバー、パスバー、ステータスバーを表示させる方法(※ファイルの場所や内容の情報表示)


MacのOS再インストールから初期設定手順のもくじ】
1 Macの再インストール(クリーンインストール)方法。※El Capitan版
2 Mac再インストール後、HDDアイコンをディスクトップに表示させる方法
3 Macでファイルの拡張子を表示させる方法
4 MacのFinderでタブバー、パスバー、ステータスバーを表示させる方法(※ファイルの場所や内容の情報表示)
5 MacのOS再インストール後のメール設定方法
6 Macのトラックパッドで3本指ドラッグを有効にする方法
7 Macのファイアーウォールをオンにする設定方法
8 FileVaultを有効にして Macのディスク全体を暗号化する方法
9 Macにアンチウィルスソフトが必要なの?という初心者にVirus Scanner Plusをオススメする理由
10 Macの自動ログインをオフにして、他人に使われないようにする方法
11 2台以上のMacにWindowsをインストールするならFusionが断然お得!Parallelsよりオススメな理由