投資信託の基準価額が変動するリスク要因とは?

ガイコツ

投資信託基準価額が上げ下げするリスク要因はたくさんあります。売り手と買い手のバランスだけではありません。さまざまな事象が絡みあって投資信託の価値が変化し、基準価額に影響しています。

どういうリスクがあるのか?を知っておくと、そのリスクに真正面からぶつかってしまう前に対処することができます。

ネットやテレビ、新聞等々から投資信託のリスク判断が出来るように、基準価額に影響するリスクの種類を覚えておきましょう。

(※リスクというと、基準価格が下がることのみを指すように感じますが、それは間違いです。予想と外れることがリスクです。なので、例え予想より基準価格が上振れする場合であっても、それはリスクと呼ばれます。)

投資信託の基準価額が上下する一般的なリスク

組み入れている金融商品によって、その投資信託の基準価格が変化する要因は変わります。なので、景気が良ければ上がるという単純なものではありません

どんな要因で基準価格が上下するのか?は、それぞれの投資信託の交付目論見書に記載されているので、購入前によく読んで確認しましょう。

一般的に投資信託の基準価額が上下する要因(投資リスク)は、以下の3つです。

価格変動リスク

価格変動リスクとは、その名の通り投資信託の基準価額が上下するリスクです。

基準価額が上下する理由は、その投資信託を買いたい人と売りたい人のバランスが偏る。もしくは、景気情勢の影響によって投資信託に組み入れられている株式等の価格が変化するからです。

金利変動リスク

金利変動リスクとは、金利の上下によって影響を受けるリスクのことです。

金利変動は債券の価格に大きく影響しますので、債券投資しているときに顕著に影響を受けます。

一般的に金利が上がると債券価格が下落し、金利が下がると債券価格は上昇します。

為替変動リスク

為替変動リスクとは、各国の通貨の為替レートが変わることによって基準価額が影響を受けるリスクのことです。

投資信託に組み入れられている海外の株式や債券等は、投資先の通貨で購入されます。なので、為替レードが変わると基準価額もその影響を受けます。

投資信託の基準価額が上下する突然的なリスク

一般的に基準価額が上下するリスク要因は、価格変動リスク、金利変動リスク、為替変動リスクですが、予期しないときに突然起こるリスクも有ります。

全てのリスクに万全に備えておくことは不可能ですが、予備知識として知っておくと、大きく基準価格が下る前に、変化の前触れを察知して対処することができます。

信用リスク

信用リスクとは、株式や債券の発行元である国や会社の経営が悪化し、価格が暴落したり価値がゼロになったりするリスクのことです。

利子の支払いや元本割れなどが起こる可能性があります。

カントリーリスク

カントリーリスクとは、主に投資先の国の政治や経済情勢によって、投資信託の基準価額が変動するリスクのことです。

テロや災害などによるリスクがこれに含まれます。

流動性リスク

流動性リスクとは、購入した株式や債券などの取引量が少く、売りたいときに売れなかったり、買いたいときに買えなかったりするリスクのことです。

売買タイミングを逃してしまう機会損失リスクがこれにあたります。

デリバティブリスク

デリバティブリスクとは、先物取引やオプション取引など、派生商品を組み入れていた場合に影響を受けるリスクのことです。

デリバティブ商品は高収益を狙う分、値下がりリスクも大きい商品です。ハイリスクハイリターンの投資信託を購入する場合は、このデリバティブリスクが許容範囲かよく確認しましょう。

まとめ

投資信託のリスクには大きく分けて、「一般的なリスク」と「突発的なリスク」がある。

一般的なリスクは、以下の3つ

  1. 価格変動リスク
  2. 金利変動リスク
  3. 為替変動リスク

突発的なリスクは、以下の4つ。

  1. 信用リスク
  2. カントリーリスク
  3. 流動性リスク
  4. デリバティブリスク