もし投資信託の販売会社、運用会社、信託銀行が倒産したら、投資家のお金はどうなるのか?

新宿高層ビル11

投資信託を購入した後、投資信託販売会社倒産したら投資資産はどうなるのでしょうか?

ちょっと恐ろしいですよね・・。でも、可能性がないわけではありません。

ですので、投資信託に関わる会社と、それらの会社が倒産した場合どうなるのか?を把握しておきましょう。

前もって知っておけば、右往左往しなくて済みます。

投資信託に関わる3つの会社

投資信託には3つの会社が関わっています。それぞれ役割は以下の通りです。

  • 販売会社:投資家の投資信託購入・解約の対応。また、投資家の口座管理。
  • 運用会社:投資信託の中身を決めて運用する。(投資信託というパッケージ金融商品の開発と運用)
  • 信託銀行:運用会社からの支持に従って、株式や債権などの売買を行う。また、投資家から集めたお金を、信託銀行自身の財産とは区別して管理する。

販売会社が倒産した場合どうなるのか?

販売会社が倒産してしまった場合、その販売会社で購入された投資信託は他の販売会社に移管されます。ですので、移管先の販売会社で引き続き運用することができます。

運用会社が倒産した場合どうなるのか?

運用会社が倒産してしまった場合、運用されていた投資信託は他の運用会社に引き継がれて運用されます

他の運用会社に移管できない場合は、運用会社が倒産した時点で運用が強制的に終了され、その時点での投資信託の基準価格で現金化されて戻ってきます

信託銀行が倒産した場合どうなるのか?

信託銀行が倒産した場合、他の信託銀行に投資資金が移管されます

または、その時点での投資信託の基準価格で現金化されて戻ってきます

 

投資家からのお金を預かっているのは信託銀行なわけですから、ここが倒産すると投資資金が無くなってしまのでは?と考えがちですが、そうではありません。

信託銀行の資産と投資家の資金は別々に管理されていますので、信託銀行が倒産しても投資家の投資資金が消えてなくなるということはありません。

投資家のお金と信託銀行自身のお金は『分別管理』することが法律で決められていますので心配はいりません。

まとめ

投資信託の販売会社、運用会社、信託銀行が倒産しても、投資家のお金は他の会社に移管されます。移管された会社で引き続き運用できます。

移管できない場合は、倒産時の基準価額で現金化され、投資家に返金されます

 

つまり、投資信託に関わるそれぞれの会社が倒産しても、投資家のお金は守られる。ということです。

 

投資信託を売る側から考えると、たくさん投資信託を購入してほしいわけです。なので、購入者が安心して投資信託を買える仕組みを整備してくれてます。

法律で投資家の資産は分別管理するように決められていますから、それぞれの会社が倒産したからといって、過度に心配する必要はありません。