標準偏差で投資信託が最大いくら儲かるか?を計算する方法

下降チャート

将来の投資信託の基準価額を正確に予想することはできませんが、実は◯◯円から△△円の間に収まるだろうということは計算できます。

この基準価額の値動き幅標準偏差と呼ばれ、この数値で「自分がどれくらいリスクをとっているのか?」がわかります。

 

標準偏差の値が大きいほど価格の値動きの幅が大きくなります。つまり、大きく儲ける可能性もあり、逆に大きく損してしまう可能性もあるということです。

投資における値動き幅の計算方法

一般的に、株価の損益は95%の確率で『期待リターン±リスク×2』の範囲に収まると言われています。

インベスコ MSCIコクサイ・インデックス(先進国版TOPIXの様なもの)を例に計算してみましょう。

インベスコ MSCIコクサイ・インデックスの期待リターンは約4%、標準偏差は約20%となっています。ですので、インベスコ MSCIコクサイ・インデックスに長期間投資すれば、おおよそ4%のリターンが期待できるということですね。

(参考:投資信託のモーニングスター|スナップショット[インベスコ MSCIコクサイ・インデックス]

株価(投資信託では基準価額)は95%の確率で「期待リターン±リスク×2」の範囲に収まるといわれていますので、計算式に当てはめてみると・・・

 

  • 値上がりした場合(もっとも儲かる場合)
    4%+20%×2=+44%

  • 値下がりした場合(もっとも損する場合)
    4%-20%×2=-36%

 

となります。

インベスコ MSCIコクサイ・インデックスは、短期的にはー36%から+44%の幅で価格が変動する可能性があるということになりますね。期待リターンは+4%ではありますが、標準偏差の割合が大きいと、基準価額の上下幅も大きいということがよくわかります。

投資信託は比較的安全な投資商品と言われていますが、自分がどれくらいのリスクを負っているのかは、しっかり計算できるようにしておいたほうがいいですね。

TOPIXの標準偏差はどれくらい?

投資信託の標準偏差は、投資信託の評価会社サイト(モーニングスターなど)に載っていますので、購入前に投資信託のリスクを把握することができます。

(参考:投資信託の比較ができる おすすめ投信情報サイト3つ

ちなみに、TOPIXの標準偏差は18%程度と言われていますので、インデックス投資信託を購入する場合は、この値を基準に自分がどの程度のリスクを背負っているのかを判断するといいでしょう。

まとめ

  • 投資信託の基準価額がどれくらい価格が変動するか?は、標準偏差を使って計算できる
  • 株価の損益は95%の確率で『期待リターン±リスク×2』の範囲に収まる
  • インデックス投資信託の標準偏差は18%程度が妥当(TOPIXの標準偏差が18%程度なので)

比較的安全な投資信託に投資したとしても、短期的には資金が目減りする可能性も十分あります。日々の値動きに一喜一憂しないように、自分がどれくらいのリスクをとっているのか把握しておきましょう。