【無音】Bose QuietComfort 35 wireless headphones レビュー。ノイズキャンセリングで快適な作業環境をゲット!

BOSE comfort 35 eyecatch

音に敏感な人っていません?

ちょっとした雑音で集中力が切れたり、考え事を忘れちゃったり・・・。作業効率が、ガクッと下がっちゃうんですよね。

オープンスペースの仕事場で働いている方や、ノマドワーカーの方なら共感して頂けるのではないでしょうか?

音って、結構仕事の邪魔してるんです。

神経質なヤツだ。っと思われるかもしれませんが、作業効率を上げるためにも、環境音を意識的に減らす工夫をしたほうがいいと思うんですよね。

やっぱり、集中した1時間とそうでない1時間では、生産性が全然違いますから。

ということで、ノイズキャンセリングが素晴らしいと評判の「Bose QuietComfort 35 wireless headphones」を購入してみました。

結論からいうと、買って満足!

ふんわりイヤーパットがいいですね。やわらかな装着感で、耳が圧迫されません。長時間つけていても、頭が痛くならないです。

かといって、ヘッドホンと耳の間に隙間ができるわけではなく、遮音性も優れています。

この精巧な作りに加えて、さらにノイズキャンセリングというソフトウェアでの静音性も加わって、噂通り静かで快適なワイヤレスヘッドホンでした。

パッケージから梱包内容まで写真付きでまとめましたので、よろしければ参考にしてみて下さい。

>>Bose QuietComfort 35 wireless headphones ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン

Bose QuietComfort 35 wireless headphones パッケージ

BOSE comfort 35 01

パッケージ中央には、BOSE QuietComfort 35の写真がズドンと印刷されています。

 

BOSE comfort 35 02

パッケージをスライドすると、BOSE QuietComfort 35本体が収められた持ち運び用のキャリングケースが現れます。

 

BOSE comfort 35 03

革っぽいテクスチャですが、叩くとコツコツと音がする割りと丈夫なケースです。

カバンやリュックに乱暴に入れても、中身のヘッドフォンには影響なさそうですね。

 

BOSE comfort 35 04

キャリングケースには、ほぼほぼ隙間なくBOSE QuietComfort 35が収められています。

ちょっとした小物を入れておけるポケット付き。

 

BOSE comfort 35 05

まさにジャストフィット。

 

本体と付属品

BOSE comfort 35 06

BOSE QuietComfort 35本体の他に、mini USB 充電コードと、飛行機用で使う時用のプラグ、有線イヤホンコードが付属しています。

そうなんです。BOSE QuietComfort 35は、ワイヤレスでも有線でも音楽を聴けるんです。

有線コードで音楽を聴く場合は、約40時間。ワイヤレスで音楽を聴く場合は、約20時間きき続けられます。

20時間音楽を聴き続けることは、ほぼ無いですし、3日に一回ぐらい充電すればいいんじゃないでしょうか。

そんなに本体重くないのに、かなり充電持ちますね。

 

デザイン(外観)

BOSE comfort 35 08

BOSEって、老舗ゆえにデザインが少々野暮ったいというか…、おじさん的なイメージがあったんですが、Bose QuietComfort 35に関しては洗練されていますね。

ロゴ、ボタン、穴の位置も主張しすぎず、全体としてシャープな印象です。

 

BOSE comfort 35 09

音量の上げ下げを、iPhone等のスマートフォンで行う必要はありません。ヘッドフォン本体から調節できます。

操作方法はiPhoneの標準イヤホンと同じ

+ボタンで音量大きく。マイナスボタンで音量小さく。中央のボタンで再生・停止・早送り・後戻し。

操作ボタンは操作ミスを防ぐために、あえてフラットにせず、少し凸凹させてあります。クリックしやすいですし、正確に反応してくれます。

 

BOSE comfort 35 18

USB接続部分と、イヤホンジャックはヘッドフォンの下部にあります。正面から見えないので、まったく目立ちませんね。

 

ふかふかイヤーパッド

BOSE comfort 35 11

イヤーパッドの表面は革っぽい質感です。

 

BOSE comfort 35 earpad 01

中身にふかふかのスポンジ的なもの?が入っているようで、フニっとやわらか触感。耳が痛くなりません。

ちなみに、イヤーパッドは摩耗しても大丈夫。イヤーパッド部分だけ別売りされていますので、自分で交換可能です。

 

90度曲がるヘッドホン

BOSE comfort 35 13

ヘッドフォン(耳に当てる部分)は90度曲げられます

 

BOSE comfort 35 14

左右を90度曲げると、完全にフラットになります。

つまり、首にかけたときに、イヤーパッド部分が鎖骨部分に当たるので、痛くないわけです。

プラスチック部分がコツコツ鎖骨に当たることはありません。

 

頭頂部もスポンジ状のクッションが保護

BOSE comfort 35 15

ふかふかなのはイヤーパッド部分だけではありません。

頭頂部に当たる部分も、スポンジ状でふかふかしています。

 

BOSE comfort 35 16

かなりタイトめに装着する人にも、嬉しい設計ですね。

 

収納時はiPhoneの2〜3まわり大きい程度のサイズに

BOSE comfort 35 17

ヘッドフォンって、ゴツゴツして大きいイメージがあったんですが、Bose QuietComfort 35はそうでもないですね。

iPhone6と比較してみると、ほぼ同じ高さぐらい・・・でしょうか?

かなりコンパクトになります。

1ヶ月ほど使ってみた感想

繰り返しになりますが、メリットとしては、遮音性に優れているのに、長時間装着していても耳が痛くならないところです。

また、電池が20時間も持つので、充電を気にせず使えるところもGood。

デメリットとしては、音質ですね。

ノイズキャンセリングが効きすぎているせいか、若干こもったような音がします。シャープな音質を好む人は、ちょっと「ん?」っと思うかもしれません。まぁ、音量を上げれば、あんまり気になりませんけど…。

私の場合は、音楽を聴く目的よりも、「環境音を遮断したい」という目的で購入しましたので、この点は問題なし。

音楽を効きたいのか。もしくは、静かな環境を手に入れたいのか。どちらを優先したいかによって、メリットデメリットの判断は分かれるかとは思います。トレードオフですね。

何がなんでも最高のノイズキャンセリングヘッドフォンを手に入れたい方におすすめ

BOSE comfort 35 19

Bose QuietComfort 35の競合製品として、Parrot Zik 3がよく比較されますが、私が店頭で試してみた結果、遮音性、静音性に関してはBose QuietComfort 35の方が上です。音質はParrot Zik3の方がシャープかもしれません。

価格は1万円ほどZik3の方が高いので、同じレベルで比較はできないのかもしれませんが、音を重視するならZik3を。静音性(ノイズキャンセリング)重視するならBose QuietComfort 35を選ぶといいのではないかなと思います。

高級ヘッドフォンを購入するのは、ちょっと勇気がいるかもしれませんが、たった数万円で快適な作業環境が手に入るわけですからね。

『集中しようっ!』と、頑張らなくても、お金で作業効率アップ、集中力UPできるわけです。

個人的には安い自己投資かなと思っています。