レミパンプラスでキッチンの断捨離!モノを減らして料理のレパートリーを増やすオールインワンのフライパン

レミパンプラス-19

特に料理に興味はないんですが、なぜかキッチンゴチャゴチャしちゃってるんですよね。調味料おいたり、食器おいたりしていると、意外と場所をとられていっちゃうんです。

料理好きの方ならなおさらキッチン用具が増えるでしょうし、主婦なら家族分の料理を作らなくちゃいけないから、倍々ゲームでキッチンにモノが増えていくんじゃないでしょうか。

断舎離してキッチン用品の増加に歯止めをかけておきたいもんですよね。だって、食べ物作る場所が汚いと・・・ちょっと、ね・・・

「毎日料理するたびに整理整頓する」というのも一つの手ですが、そもそもキッチン用具の数が少なければ、物理的に場所をとられなくて済みます

もし、あなたが料理の種類ごとにフライパンや鍋を買っているなら、一つにまとめられるかもしれませんよ!

 

どうやって・・・?
簡単です。『レミパンプラス』を使えば解決です!

 

レミパンプラス(remy pan +)なら『煮る・炒める・炊く・蒸す・焼く・揚げる』の6つの調理法がひとつのフライパンで可能ですからね。ほんと、まさにコレ!こういう商品を待っていたんですよって感じです。こんなオールインワンのフライパンは、他にないです。

早速購入しちゃったので、写真付きでレビューしてみます。

レミパンプラスとは

うん、よくわかんないけど、平野レミさん いつも通りハイテンション。いいよいいよ。

レミパンプラスの魅力はこの動画でも解説されてますが、「持ち手とツールが磁石でくっつく」「蓋が立てられる」「深底で茹でこぼれしない」ってところですね。

特に深底なのは、私にとって嬉しいポイントです。乱暴に野菜炒めしても、キャベツがフライパンから飛び出したりしないですからね。

製作者

レミパンプラスの製作者は、もちろん平野レミさんなんですが、デザイナーの柴田文江さんとチームを組んで作られたそうです。
(※参考:レミパンを発明し直しました「レミパンプラス」 / remy(レミー)| 幸せはキッチンから。| 平野レミ公式サイト

柴田文江さんは無印良品の「体にフィットするソファ」(人を駄目にするソファっていわれてるやつですね)や、オムロンの「電子体温計」など、シンプルで使いやすいプロダクトをデザインされる方で、その精神はレミパンプラスにも受け継がれています

レミパンプラスは、旧レミパンよりスタイリッシュでクリーンなデザインになっているので、無印好きの方には受けがいいんじゃないでしょうか。というか、家具を無印で統一しているなら、レミパンプラスは相性いいと思います。

レミパンプラスとキッチンツールのレビュー

レミパンプラス-01

「レミパンプラス」と「4つのキッチンツール」は、こんな感じの白いパッケージで送られてきます。シンプルかつインパクトのあるデザインでいいですね。

 

レミパンプラス-02

開発当初は「レミパン2」と呼ばれていたんですが、正式名称は「レミパンプラス(remy pan +)」になりました。パッケージにも「remy pan +」と印刷されています。

 

レミパンプラス-03

素材は鉄、寸法(直径)は24cm、容量は3.3Lになっています。わりと大きめですね。

ただ、横に大きいわけではなく深底で大容量なので、持った感じはそこまで大きな印象はありません。

 

レミパンプラス-04

日本で組み立てて作られていますが、部品の製造元は韓国と中国です。ま、今はどんな商品でも大抵そうですね。

わざわざ日本国内で組み立てているのは、おそらく価格よりも製品のクオリティーチェックを優先したからだと思います。

 

レミパンプラス-05

レミパンプラスの全体像はこんな感じです。

 

レミパンプラス-06

この深底設計で3.3Lという大容量を実現しています。

 

レミパンプラス-07

蓋はこんな感じで立てておく事ができます。これって便利ですよねー。主婦ならではのアイデアというか、コロンブスの卵というか、よくぞ思いついた!って感じ。

 

レミパンプラス-08

蓋の周辺はぐるっと水滴受けになっています。これまた便利。

 

レミパンプラス-09

キッチンツールとレミパンプラスの持ち手部分は磁石でくっ付くようになっています。そこまでガチッ!っとくっつくわけではなく、ふんわりくっついているという感じ。

 

レミパンプラス-10

ふんわりくっつくとはいっても、ゆるゆるじゃないですよ。逆さにしても固定されたままです。

 

レミパンプラス-13 レミパンプラス-14 レミパンプラス-16

持ち手部分は全てシリコン製になっていて、手触りの良さと滑りにくさを両立しています。

 

レミパンプラス-15

ツールの先端はサラサラとした手触りのナイロン製になっています。プラスチックみたいな感じですね。

 

レミパンプラス-22

プラスチックみたいというと「溶けるんじゃないかな?」と心配しちゃいがちですが、大丈夫です。先端部分は耐熱温度170度(しなるターナーの場合)ありますから、ちょっとやそっとの熱では溶けません

 

レミパンプラス-17

4つのキッチンツールで気になったのが、「こそげるヘラ」ですね。この先端部分、シリコンになっているのがわかるでしょうか?

 

レミパンプラス-18

このシリコン部分がペニョンっとしなるんですよ。これで具材とフライパンの間をスルっと滑りこませることが可能になるというわけですね。なるほどなるほど。

特徴

レミパンプラス-20

繰り返しになりますが、レミパンプラスの特徴は「煮る・炒める・炊く・蒸す・焼く・揚げる」の6つの調理方法を全てひとつのフライパンですませられることです!

 

レミパンプラス-21

IHでも使えるので安心です。もちろん、普通のガスコンロでも使えます

取り扱い注意事項

レミパンプラス-23

レミパンプラスを長持ちさせるために、以下の5つの注意事項を守りましょう!

  1. 金属製品は使わない
  2. 空焚きしない
  3. 急冷しない
  4. 料理を保存しない
  5. つけ置き洗いしない

金属製品を使っちゃいけないというのは意外ですね。木かプラスチックのものを使うなら問題ないようです。なので、金属タワシを使うのは厳禁!

おわりに

レミパンプラス-19

レミパンプラスと4つのキッチンツールを並べるとこんな感じです。

個人的に持ち手の部分に穴を開けておいてくれればなーっと思いました。キッチンに吊るして、さらに片付けやすくなるので。とはいっても、それ以外に特に不満はないですね。

軽さ目当てでゴールドパン買っちゃいましたが、これからはレミパンプラスを使っていこうと思います。重量はゴールドパンの方が軽いですが、レミパンプラスが一般のフライパンと比べて特別重いということもありませんし、私的には全く問題ないです。レミパンプラスの特徴を考えると、ちょっと重くても許せるぐらいです。

「持ち手とツールが磁石でくっつく」「蓋が立てられる」「深底で茹でこぼししない」という点が、レミパンプラスの特徴です。他のフライパンではどうしようもありません。なので、残念ではありますが、ゴールドパンとはさよならです。断捨離です。捨てます。

 

キッチンのモノを減らしても調理法は減らさない
キレイなキッチンでモチベーションを上げ、健康的な食生活に取り組んでいく!

 

そうなんですよね。キッチン用具を変えるのは、健康な食生活を送るためでもあるわけです。強引な言い訳でしょうか?私はそうは思いません。

少し贅沢してキッチンツール買い換えたって、それで自炊しやすくなるなら何の問題もない。長い目で見れば自分の健康にプラスになってるんだから全然OK!無駄遣いじゃないですからね。

ってことで、快適なキッチンで料理作りに挑戦していこうと思ってます。完全無欠コーヒー生活から更に一歩前進!っと。

参考:【公式】レミパンプラス / remy(レミー)| 幸せはキッチンから。| 平野レミ公式サイト
(※現在、レミパンプラスは公式サイトからしか購入できないようです。旧レミパンは楽天やAmazonからでも購入することが出来ます。レミパンプラスが発売されたせいか、割安で販売されています。)