沖縄への行き方(LCCで関西国際空港から那覇空港まで)

関空第2ターミナルへの道

初めて沖縄へ行く人にとって、「沖縄への行き方」は戸惑う部分が多いかもしれません。というのも、離島ですから、本島のように電車やバスでは行けません。飛行機にのる必要があります。

といっても、関西国際空港から飛行機に乗ればいいだけです。乗り換え無しで短時間で沖縄に到着します。海外へ行くときのように、パスポートを提示しなくてもいいですし、難しい手続きはありません。

沖縄本島へ行くには那覇空港へ行く必要があります。

沖縄には、沖縄本島と沖縄周辺の離島を含め、いくつか空港があります。でも、沖縄本島には那覇空港しかありません。他の空港を選ぶと本島とは違う場所に到着してしまいますので、注意して下さい。

航空会社は沢山ありますが、私は格安航空会社LCC)のPeachを利用しました。ですので「LCCを使って那覇空港へ行く方法」についての解説になります。

LCCを利用して、できるだけ旅費を安くして沖縄へ行きたいという人には、特に参考になるかもしれません。

格安航空券を購入する(LCC利用)

JALやANAで快適に旅行したいという人にとって、LCC(格安航空会社)は選択肢に入らないかもしれません。

一部の格安航空会社は、どうしても航空券代が安い分、座席が狭めになってしまいます。それはトレードオフなので致し方ありません。

ただ、広々とした座席のあるLCCもあります。特別単価ということではありません。飛行機の構造上、一部のシートだけが他のシートとくらべて広いということです。そういう秘密の座席があるんです。

この「秘密の座席」に関しては、後述します。まずは、航空券を予約しましょう。航空券をGETしないことには、沖縄へ行きたくても行けません。

沖縄行き(那覇空港行き)の航空券は、24時間予約可能なairtownを利用すると便利だと思います。他のオンライン予約サイトより画面がシンプルで見やすく、使いやすくなっています。

出発日と出発地と目的地、そして人数を選択すると、一般航空会社(JALやANAなど)とLCC会社(JetStar、Peach、Vanilla Airなど)の全ての航空会社を比較して、最安値の航空券を見つけることが出来ます。

まずは、このサイトで自分の予算に合わせて航空券を予約します。

>>最短5分で予約!会員登録不要!国内航空券予約はエアータウン

秘密の13列目(LCCでも広い座席)

私は今回、LCCのPeachを利用して旅行しました。個人的に旅費は安くおさえたいものの、座席が狭いのは我慢できそうにないと考えていましたので、最初はLCCを選ぶという選択肢はありませんでした。ただ、「秘密の座席」の存在を知って、Peachを利用して沖縄へ行くことにしました。

秘密の座席とはどういう座席かといいますと、「非常口」付近の座席のことです。

 

Peachのシートマップ

Peachのシートマップ図にある『スマートシート』のエリアを見てみて下さい。12列目と13列目が、他の座席に比べて前方のスペースが広くなっているのがわかるでしょうか?これが「秘密の座席」です。

注意点としては、13列目を選ぶことです。12列目を選んではいけません!

12列目は、12列目と13列目のスペースが非常口になっているため、リクライニング不可なんです。13列目の後ろは非常口ではありませんからリクライニング可能です。

この13列目がどれくらい広いのか?は、なかなか文面では伝わりづらいところです。実際に、私が13列目に乗って写真を撮影してきましたので、確認してみてください。

 

Peach13列の通路側席のスペース

こちらが、Peachの13列目の座席になります。座席の前方にかなりスペースが余っているのがわかると思います。

膝先と前座席までの距離は、手のひら1.5個分ぐらいありましたから、おおよそ30cm前後あります。

Peachを利用し、13列目のスーパーシートを予約すれば、格安の航空券を手に入れた上に、広々とした座席で那覇空港までの旅路を楽しめます

JALやANAなどの一般航空会社と比べて、約半額近くで航空券を購入できて、しかも座席は快適。もし、「格安航空」「LCC」という言葉の響きだけで嫌煙してる方は、選択肢に入れてもいいのではないかなと思います。

さて、航空券が買えたのはいいですが、LCCを利用する場合、少し早めに空港に到着しておく必要があります。というのも、LCCのチェックイン場所は一般航空会社のチェックイン場所とは別の、少し遠い場所にあるからです。

LCCのチェックイン場所

関空第2ターミナルへの道

私は関西国際空港から那覇空港へ行きました。ですので、関西国際空港の場合のLCCチェックイン場所解説になります。

関西国際空港のLCC(Peach)のチェックイン場所は、第二ターミナルにあります。関西国際空港に到着しても、そこから第二ターミナルに着くまで徒歩で約15分ほどかかります。ですので、余裕を持って空港に行きましょう。

 

Peachセルフチェックイン機

第二ターミナルに到着後、Peachの自動チェックイン機でチェックイン手続きをします。

チェックイン手続きを忘れると、航空券を購入していても飛行機に乗れなくなります。必ず、チェックイン手続きを行って下さい。

 

Peachセルフチェックイン機_アップ

Peachで航空券を予約した場合、バーコードが記載されたメールが送られてきます。そのバーコードをチェックイン受付機右側のスキャナーに読み取らせると、チェックイン手続きが完了します。

スマートフォンで送られてきたメールを開き、そのままバーコードを読み取らせることも可能なのですが、私の場合はうまく行きませんでした。ですので、もしものことを考えて、念のためバーコードが記載されたメールを印刷して持って行くと安心だと思います。

チェックイン手続きを終えると、後は荷物チェックを済ませて飛行機に乗るだけです。

飛行機に乗って沖縄へ行く!

Peachの飛行機

こちらがPeachの飛行機本体になります。 この飛行機に一時間弱のっていれば、沖縄に到着します。

実は私、国内旅行で飛行機に乗るのは始めてだったんですが、何の問題もありませんでした。唯一の問題といえば「座席スペース」だったのですが、先ほどお伝えした「秘密の座席」を予約することで解決しました。

広い座席で快適に、しかも安く沖縄へ行くことが出来たので、おそらく次回もPeachを利用すると思います。

>>最大82%オフ!格安航空券はエアータウン

以上が「関西国際空港から那覇空港までの行き方」になります。

チケット購入から、飛行機に乗るまでをまとめて書きましたから、少し複雑に感じたかもしれませんが、実際空港に行くと直ぐわかると思います。

空港にはヘルプデスクもありますから、不安な方は空港に到着してすぐヘルプデスクの受付の方に飛行機の乗り方を聞けば安心です。丁寧に教えてくれます。

>>沖縄へ『冬』だけ短期移住する方法