沖縄短期移住のためのおすすめ格安マンスリーマンション

マンション内装

1ヶ月単位で沖縄へ短期移住短期滞在)するなら、マンスリーマンションを利用するのがおすすめです。

民宿やAirBnB、ドミトリーを使えば、マンスリーマンションやウィークリーマンションを使うよりも安く泊まれるかもしれませんが、仕事に集中したい場合はおすすめしません。

他の宿泊客と一緒にごはんを食べなければならなかったり、お風呂の時間帯が決まっていたりと、時間管理においていろいろ不都合が出てきます。

ですので、仕事のためと割りきっている。もしくは、自分の時間を大切にしたいのであれば、マンスリーマンションかウィークリーマンションの利用がおすすめです。 さて、ではどこのマンスリーマンションが良いのでしょうか?

独断と偏見で「広さ」「価格」「清潔さ」「便利さ」の4項目を基準に3つ選んでみました。

沖縄でおすすめの格安マンスリーマンション3つ

ホテルストーク(StoRK)

ホテルストーク那覇新都心【公式】 | モノレールおもろまち駅から徒歩約10分、低料金で観光ショッピングに便利なホテル

那覇市の新都心の中心で、ビジネス、レジャー、お買い物などお客様の様々なニーズに合わせてご利用いただけるお気軽ホテルとして生まれました。宿泊などの費用をできるだけ抑えた分、お食事や、お買いものなどでプラスアルファのお楽しみ。

hotelstork.jp

短期〜長期宿泊可能な格安ホテルです。

30泊で69000円〜の長期宿泊プランが魅力的。最近内装を新しくされたようで、とてもキレイです。

部屋は少し狭めなのですが、ロフトをうまく利用すれば空間を有効に使えます。部屋の広さにこだわらないのであれば、安くてキレイな部屋で沖縄を満喫できるホテルと言えそうです。

エスタールゴヤ

1週間25700円(税込み)、30泊77200円(税込み)で宿泊できる格安ウィークリーマンションです。

エスタールゴヤのウリはコミコミ価格。清掃費、光熱費、手数料、保証料すべて込みで前述の価格です。価格面でややこしいことは何もありません。

キッチンもクローゼットも完備されていますので、自炊も可能です。

SUMUKA

最後にSUMUKAのマンスリーマンションを紹介します。

ここは、最安で1週間25000円から宿泊できます。1ヶ月の場合は62000円から宿泊できます。

賃貸マンションをウィークリーマンションとして活用されており、短期宿泊用ホテルとして建てられた物件ではありません。なので、建物自体がしっかりしています

部屋の大きさも18帖前後と広め。冷蔵庫も洗濯機も完備されているので、長期滞在にはピッタリではないでしょうか。一人暮らししている人であれば、今住んでいる環境とほぼ変わらない環境で沖縄に宿泊できます。

玄関はオートロック防犯カメラも設置してありますから、女性も安心して宿泊できそうなマンスリーマンションです。

ペットと一緒に宿泊できるウィークリーマンションも提供されているので、愛犬や愛猫と一緒に沖縄へ旅行したいという方にもおすすめです。

注意事項

沖縄宿泊に限ったことではありませんが、宿泊予定日の1ヶ月前あたりから部屋が埋まっていきます!ですので、もし宿泊日が決まっているのであれば、早めに予約しておいたほうがいいです。最悪、予約できなくなります。

また、観光シーズンには宿泊費がアップしますので、その点にはご注意を。

私と同じように冬だけ沖縄へ移住するということであれば、観光シーズン価格はあまり関係ないかもしれません。ただ、沖縄旅行ブームは国内旅行の中でも人気です。最安価格で宿泊したいということであれば、早期予約してしまう方がいいとは思います。

おわりに

以上が、沖縄短期宿泊のための格安マンスリーマンション紹介でした。

3つとも全て沖縄那覇市という都心に近い場所にあります。観光スポットへ行く場合も便利な立地ですよ。

>>沖縄へ『冬』だけ短期移住する方法