FileVaultを有効にして Macのディスク全体を暗号化する方法

filevault-02

もしかすると、外出先のホテルやカフェでMac Bookを置き忘れてしまうことがあるかもしれません。海外で盗まれてしまう心配もあります。そういう場合に備えて、FileVaultの設定をオンにしておきましょう。

FileVaultが有効になっていると、ハードディスクの内容が暗号化されます。これによって、Macの起動ディスクに保存されているデータへのアクセスを防ぐことが出来ます。

FileVault について

FileVault を使ってディスク全体を暗号化すれば (FileVault 2)、起動ディスクに保存されている書類やその他のデータへのアクセスを防止できます。FileVault では、XTS-AES (128 ビット) 暗号化方式を採用しています。この機能を使うには、OS X Lion 以降と、実用に適した OS X 復元ボリュームが起動ディスク上に必要です。

引用:FileVault を使って Mac の起動ディスクを暗号化する – Apple サポート

もしものときに備えて、FileVaultをオンにしておきましょう。

FileVaultを有効にする方法

Macのファイアーウォール設定-01

まず、システム環境設定をクリックします。

 

filevault-03

次に、セキュリティとプライバシーをクリックします。

 

filevault-01

セキュリティとプライバシーのウィンドウから、FileVaultタブをクリックし、左下の南京錠アイコンをクリックしてロックを解除します。

 

filevault-02

ロックが解除されたら、「FileVaultを入にする」をクリックし、FileVaultを有効にします。

※私はすでに有効にしているので、上画像は「FileVaultを切にする」と表示されています。

 

以上になります。
FileVaultを有効にしたからといって、アプリケーションが作動しなくなるなんてことはありません。特に不都合がでるわけでもないので、「入」状態にしておきましょう。

盗難にあってからでは間に合いません。備えあれば憂いなしということで。


MacのOS再インストールから初期設定手順のもくじ】
1 Macの再インストール(クリーンインストール)方法。※El Capitan版
2 Mac再インストール後、HDDアイコンをディスクトップに表示させる方法
3 Macでファイルの拡張子を表示させる方法
4 MacのFinderでタブバー、パスバー、ステータスバーを表示させる方法(※ファイルの場所や内容の情報表示)
5 MacのOS再インストール後のメール設定方法
6 Macのトラックパッドで3本指ドラッグを有効にする方法
7 Macのファイアーウォールをオンにする設定方法
8 FileVaultを有効にして Macのディスク全体を暗号化する方法
9 Macにアンチウィルスソフトが必要なの?という初心者にVirus Scanner Plusをオススメする理由
10 Macの自動ログインをオフにして、他人に使われないようにする方法
11 2台以上のMacにWindowsをインストールするならFusionが断然お得!Parallelsよりオススメな理由