ナンピン買いが安く買って大きく儲けられるという嘘。

つねる

ナンピン買いとは、買った時よりも株価が下がった時にさらに買いますことによって、株の購入コストを下げるという投資方法です。

 

同じような方法としてドルコスト平均法もありますね。こちらは一定の期間を置いて定期的に株を購入していくことで、購入コストを下げるという方法です。

 

どちらも、株を購入するタイミングをズラすことによってリスク分散するという部分では共通しています。そして、一見正しいリスクコントロール投資法のように思えます。

 

しかし、どちらも上手くいかないケースというのがあります。

下降トレンド局面で買い続けてはいけない

ナンピン買いも、ドルコスト平均法も、将来株価が上がるという期待のもとに株を購入していく手法です。つまり、将来上がる見込みが外れれば大きく損する投資手法です。

 

いくら平均買いすることによって、購入コストを下げることが出来ても、将来株価が上がらなければ、大きな損失を含んだまま塩漬けになっていまいます。

 

ですので、ナンピン買いもドルコスト平均法も、株価チャートが下降トレンドに入る局面で使用すべきではありません。

 

長期的には必ず上がるというような優良株であれば有効な投資方法かもしれませんが、とりあえず株価が下がったからナンピン買い。とりあえず一定期間経ったからドルコスト平均法。っといった使い方をしてはいけません。

 

短期的に考えるのではなく、長期的視点で自分が今選択している投資方法が正しいかどうか確かめましょう。

まとめ

株価チャートが下降トレンドの時にナンピン買いやドルコスト平均法を使うべきではない。本当に将来値上がりする可能性がある株なのかを確かめて投資する。