iPadPro9.7レビュー!カメラの突起部分を解消する方法はコレ

iPadpro-09

iPadpPro9.7をついに購入しました。実は、iPadPro12.9を購入していたのですが、あまりにも大きくて持ち運びしにくいという点と、気合を入れないと使う気にならないという点が不満でした。なので、iPadPro12.9を下取りに出してiPadPro9.7に買い直しました。

遠回りした上にお金もたくさん使いましたが、両方触った上で、iPadPro9.7が自分にとってぴったりなサイズだと分かりました。結果オーライです。

iPadPro9.7は小型で持ち運びやすいですし、遊んでる気分で仕事に使えます。『仕事しなきゃ』ってマイナスな感情をスルーして仕事できます。モチベーションが下がらないんですよね。ここが私的にはとても重要。買って良かったポイントですね。

ただ、多くの人が購入を迷う理由もわかります。『カメラが出っ張ってる・・・』ってところですよね?

この部分は問題ありませんでした。写真付きで理由を解説しますね。

まずはiPadPro9.7の全体像から。

iPadPro9.7は片手で持てるほど小型&軽量

iPadpro-01

iPadPro9.7はパッケージも小型。片手で持てちゃいます。

 

iPadpro-03 iPadpro-04

iPadPro9.7本体、ACアダプタ、USBコード、取扱説明書、全て入った状態で片手で持てちゃうわけですから・・・

 

iPadpro-05

当然、iPadPro9.7本体はもっと軽いです。iPadPro12.9の重量が713グラム(Wifiのみモデル)、iPadPro9.7の重量が437グラム(Wifiのみモデル)ですから、276グラムの差があります。

缶ジュース1本(350ml)の差とはいわないまでも、かなり軽量です。

カメラの出っ張りは、水平面でガタつかない

iPadpro-06

カメラの突起部分・・・、ブサイクですよね。コレばっかりは、なぜ平面にできなかったのか残念でなりません。

 

iPadpro-07

水平面に置いても、カメラの部分だけ少し浮いているのがわかります。

ただ、不思議な事に、iPadPro9.7の四隅を指で押してみてもガタつかないんです・・。なんでだろ?

おそらく、カメラ部分から残りの3隅まで十分な距離があるので、ほとんど影響がないんだと思いますが・・・、不思議ですね。

とはいっても、バックに入れるときに突起部分が引っかからないかと不安になったりします。

でも、結局ケースに入れちゃえば問題ありませんでした。

純正シリコンケースでカメラの突起部分が水平に

iPadpro-09

近くでみると、わりと大胆に突出しているカメラ部分ですが・・・

 

iPadpro-10

apple純正シリコンケースに入れると、こんな感じで突起部分の問題が解消されます。ケースの厚みのおかげで水平になっちゃいます。

むしろ、この純正シリコンケースをセット販売したかったから、わざとカメラ部分突出させておいたんじゃないか?と疑うぐらいです。スポっと収まります。(苦笑

iPadPro9.7用のケースは他の会社からも販売されていますが、このカメラの突起部分を上手く隠せるかどうか考慮して購入された方がいいんじゃないかなと思います。あまりに薄いものだとカメラの出っ張りが解消されない可能性がありますので。

もちろん、apple純正シリコンケースは高めです。ただ、スピーカー部分の穴の処理や、ボタン部分の処理がキレイで完成度が高いです。さすがはapple純正です。

私的にはスマートカバーと一緒にシリコンケースも買っておいて正解だったかなと思っています。

おわりに

iPadpro-12

さて、iPadPro買って何に使うのか?ってことですが、当面はMindNodeでアイデア出し、Procreateでスケッチ、あとはネットの情報収集に使っていこうと思っています。

スケッチ用のApple Pencilもすでに購入済みです。それに関してはまた別の記事にてレビューしてみたいと思います。

最近発表されたKindle Oasisが読書用のデバイスとして気になっていましたが、iPadPro9.7があれば十分かもしれませんね。

スマートカバー、純正シリコンケース、iPadPro9.7(Wifiモデル/128GB)で合計10万円前後しましたが・・・。ま、自己投資ということで、その辺は惜しみなく使っていこうと思っています。