【資産運用】サラリーマンに最適なほったらかし投資法

電卓と小銭

サラリーマンにとって、資産運用はあくまでも「サブ」です。

投資に力を入れるあまり、本業がおろそかになってはいけません。そんなことになれば、成果を出せず減給になるばかりか、リストラの可能性も高まります。

経済的自由を目指して投資をしたばかりに収入が減ってしまうという、本末転倒な結果になってしまいます。

 

かといって、本業だけに注力していればいいかというと、そうではありません。

 

いつかは誰しも働けなくなります。ですから、若いうちからお金にお金を稼いでもらえるように、資産形成していかないといけません。

では、どうすれば、サラリーマンが本業をおろそかにせず、着実に資産運用できるのでしょうか?

 

つまり、『簡単で堅実な資産運用方法はあるのか?』ということです。

 

実は…、あります。

ほったらかし投資」がその答えです。ほったらかし投資は、ほぼ放ったらかしで年利+5%をみこめる投資方法です。サラリーマンや自営業の方など、投資以外の本業をお持ちの方が、無理なく続けられる投資方法です。

本記事は、そのほったらかし投資の方法についてまとめています。

  • 何を買えばいいのか?
  • いくら買えばいいのか?
  • 資産配分はどうすればいいのか?
  • オトクな減税措置は?
  • おすすめの証券会社は?

などなど、知らずに損していた情報もあるかと思います。ぜひ参考にしてみてください。

今からほったらかし投資で資産運用していけば、定年後に必要といわれている3000万円貯めるのも、不可能ではありません。

 

【はじめに】投資信託の基礎知識を学ぶ

そもそも「投資信託」ってなに?という方もいらっしゃるかもしれません。

株式投資はしたことがあっても、「投資信託を買ったことはない」という方もいらっしゃるかもしれませんね。そういう場合は、一度さらっと全体像を理解してから投資信託を購入するほうがいいかもしれません。

こちらの記事では、「投資信託はどういうものか?」についてまとめていますので、よろしければご活用ください。

初心者のための投資信託 基礎知識

初心者が投資信託を購入するときに気になる用語や仕組みについての解説。投資信託と株式の違いや、投資信託のメリット・デメリット、良い投資信託の選び方などなど。

lifeqa.net

結論!「どの」投資信託に「いくら」投資すべきか?

「なぜ◯◯の投資信託を買うべきなのか?」

「なぜ◯◯の割合で資産配分すべきなのか?」

長期運用で年利+5%の運用益を見込める資産配分について解説しています。

資産配分の結論!余裕資金をどの投資信託にいくら投資すれば良いのか?

ほったらかしで年利約5%のリターンを得ることが出来る投資方法について。初心者でもすぐ実践することが出来るシンプルで簡単な投資方法の紹介。

lifeqa.net

「上場インデックスファンドTOPIX」と「ニッセイ外国株式インデックスファンド」に投資する理由

どうして「上場インデックスファンドTOPIX」と「ニッセイ外国株式インデックスファンド」のセット購入がベストなのか?その理由について解説しています。

なぜ「上場インデックスファンドTOPIX」と「ニッセイ外国株式インデックスファンド」に投資すべきなのか?

どうして「上場インデックスファンドTOPIX」と「ニッセイ外国株式インデックスファンド」の組み合わせが、投資初心者にとってベストなのか?その理由をまとめています。

lifeqa.net

高利回りをめざす場合に投資すべきインデックス投資信託

投資信託に慣れてきた。もしくは、もう少し高めの運用益を目指したいという方におすすめの投資信託を紹介しています。

背負えるリスクの大小は人によって違います。ミドルリターンでは面白みが少なすぎると感じるのであれば、こちらで紹介している投資信託の割合を増やしてみるのもいいかもしれません。

高利回りなインデックス投資信託のおすすめはコレ!

平均的な利回りの投資信託では物足りない。年利8%前後は欲しい!しかも安全に・・・。という、慎重かつ、すこし積極的なトレーダーにおすすめできるインデックス投資信託について

lifeqa.net

NISAの活用方法について

知れば知るほど、「なぜ今まで使っていなかったか!」と後悔してしまうお得な制度、「NISA」について解説しています。

一体どれくらまで免税されるのか?また、NISAはずっと使い続けることが出来るのか?などなど、気になるポイントについても解説しています。

NISAで投資信託にかかる税金を無税にする方法。

年間120万円の投資にかかる税金を無税にできるNISAの仕組みについて。また、今後変更される可能性について。

lifeqa.net

確定拠出年金に活用方法について

NISAと同じく、運用益が非課税になる制度「確定拠出年金」について解説しています。

確定拠出年金を利用できる人とできない人。また、年間いくらまで非課税対象になるのか?についても解説しています。

確定拠出年金を使って、投資の利益を非課税に!

所得税控除と運用益が非課税になる、便利な「確定拠出年金」制度の仕組みについて。 年間いくらまで利用できて、いくら節税効果があるのか?などなど。

lifeqa.net

あなたの生命保険は本当に必要?投資すれば資産はもっと増えるのに…

本当に生命保険には加入する必要があるのか?について解説しています。

実は、生命保険に加入している多くの人は、必要ないオプションを付けられて毎月余計に保険料を支払っている可能性があります。

生命保険には入らなくていい!本当は恐い加入すると損する仕組みについて

必要最低限の保険と、その保障内容とはなにか?また、なぜ毎月の保険料が高額になるのか?そのカラクリについて。

lifeqa.net

老後にお金がなくなるという嘘について

老後(定年後)に必要なお金は約3000万円と言われています。しかし、これは本当でしょうか?

定年後に必要な毎月の生活費と平均寿命から、本当に老後に必要なお金を計算してみました。

老後にお金がなくなるという嘘について。本当に必要な老後資金を投資信託で貯める方法。

必要最低限な老後資金はいくらなのか?また、その金額を投資信託で貯めるにはどうすればいいのか?毎月いくら積み立てればいいのか?について。

lifeqa.net

FPや生命保険アドバイザーの言うことを聞くと損をする

FP(ファイナンシャルプランナー)や保険アドバイザーの中には、特定の保険会社から広告費をもらって営業をしている人もいます。ですので、気軽に相談しに行くと、必要のない保険に加入させられる可能性もあります。

相談してもいいFPとそうでないFPの見分け方について紹介していますので、FPに相談しようと考えている方は、ぜひご一読を。

ファイナンシャルプランナーや生命保険アドバイザーに相談してはいけない!

人生にまつわるお金や保険のことを専門家に相談しようとしてませんか?ファイナンシャルプランナーや保険アドバイザーに気軽に相談すべきでない理由があります。

lifeqa.net

どこで投資信託を買うべき?一番安くて使いやすい証券口座とは

証券会社の間で手数料の引き下げ合戦がはじまり、いつの間にかオンライントレードの手数料はどんどん下がってきました。

もはや、手数料に差があると言っても、数百円程度の差しかありません。あとは、取引画面の操作性や、各種オプションで証券口座を開設するか否かを決めることになります。

ただ、投資信託用として証券口座を開く場合は、証券会社ごとに取り扱っている投資信託が違いますので注意が必要です。数の上でも、質の上でも、良い投資信託を取り扱っている証券会社を紹介しています。

一番安くて使いやすい証券会社はどこか?投資信託用の証券口座開設はココがおすすめ!

安くて使いやすい証券会社はどこか?投資信託で重要な投資信託銘柄数が豊富で手数料の安いおすすめの証券会社を紹介しています。

lifeqa.net

実践!投資信託の買い方を初めから丁寧に解説

実際に投資信託を買ってみましょう!

私が使っている投資信託用の証券口座と、その買い方について、スクリーンショットつきでまとめています。

楽天証券で上場インデックスファンドTOPIXとニッセイ外国株式インデックスファンドを買う方法

楽天証券で上場インデックスファンドとニッセイ外国株式インデックスファンドを買う方法を、スクリーンショット付きで初めから丁寧に解説しています。

lifeqa.net

投資信託用のおすすめ証券口座

私がメインで利用している証券会社は、こちらの「楽天証券」と「SBI証券」の2つです。

投資信託におすすめの証券会社と銀行ついては、以下の記事にてまとめています。

Check!投資信託用おすすめ証券会社ベスト3
Check!投資信託用おすすめネット銀行比較

投資信託の新着記事はこちらから