【資産運用】投資信託で1000万円貯めるのは意外と簡単!毎月積み立て金額を計算する方法

1ドル紙幣

『えっ?貯金1000万円!?』

友人からいきなり「1000万円あるよ♪」なんて告白されたら、こんな風にビックリしちゃうと思います。でも、毎月1万3000円積み立てるだけでいいと分かればどうでしょうか。

1000万円貯められる気がしてきますよね?

そうなんです。実はその程度の金額で大丈夫なんです。「1000万円」と聞くと、どうしてもその金額の多さに驚いてしまいますが、実際に計算してみると月1万3000円程度積み立てるだけでOKなんです。

 

『でも私、貯金0円だし…』

 

こういう人もいらっしゃるかもしれませが、ご安心を。元金0円での話です。

貯金0円から毎月1万3000円投資信託に積み立て投資していけば、1000万円貯まるんです。

なかなか資産運用がうまくいかない。1000万円に届かない。という人は、おそらく長期的な視点で運用できていないか、具体的に貯めたい金額、期間(期限)がよく分っていなかったからだと思います。

目標金額、たとえば1000万円貯めるまでの道のりが数値化されると、グッと実現しやすくなります。

1000万円貯めるまでの積立金額が計算できるアプリ(無料)と、30年、20年、10年で1000万円貯める場合の毎月積立金額をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

投資信託で30年長期投資して1000万円を貯めるには?

複利計算アプリの紹介

[appbox appstore 1020564831]

毎月いくら投資すれば、いつまでにいくら儲かるのか?を計算できるアプリは「シンプル複利計算」です。

私はいつも捕らぬ狸の皮算用目標運用資産額までの計算にこのアプリを使っています。

使い方は簡単。計算に必要な入力は以下の5つだけです。

  • 元本
  • 毎月積立金額
  • 年利
  • コスト年率
  • 投資期間

今回は、年利を平均的な投資信託の年利5%にし、コスト年率を若干高めの0.3%に設定して、30年で1000万円貯める場合の計算をしてみましょう。

投資信託で1000万円ためる場合(投資期間30年)

資産運用1000万円 01

まず、「シンプル複利計算」をインストールしたあと、起動させます。

 

資産運用1000万円 02

新規作成ボタンをクリックします。

 

資産運用1000万円 03

年利に5%、コスト年率に0.3%、投資期間に30年を入力し、最終利益が1000万円になるまで毎月積立金額を調節してみます。

 

資産運用1000万円 04

はい!できました。

毎月1万2880円投資信託に積立投資していくと、30年でおおよそ1000万円貯まります。

 

資産運用1000万円 05

月間見通しをクリックして、毎月どのくらいづつ貯まっていくのか確認してみましょう。

 

資産運用1000万円 06

少しづつではありますが、利子が毎月増えていってるのがわかりますね。

ということで、1000万円貯めるには毎月1万2880円積み立てるだけでOKということです。

運用資産1000万円まで手が届きそうな気がしてきたのではないでしょうか?

 

『30年って…、長すぎるよ…』

 

こう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ついでですので、20年で運用資産1000万円にする場合、10年で運用資産1000万円にする場合も計算しておきました。

おそらく、そこまで負担に感じる金額ではないはずです。

投資信託で20年長期投資して1000万円貯めるには?

資産運用1000万円 07

20年で運用資産1000万円にする場合、毎月の積立金額は約2万5000円です。

このくらいの金額であれば、そこまで無理しなくても少し無駄遣い減らせば、積立てていけるのではないでしょうか?

ただ、10年で運用資産1000万円となると…、ちょっと厳しいかもしれません。

投資信託で10年投資して1000万円貯めるには?

資産運用1000万円 08

10年で運用資産1000万円にする場合、毎月の積立金額は約6万5000円です。

毎月5万円を超える出費となると、さすがに節約したり各種減税制度(NISAや確定拠出年金など)を利用しないと難しいかもしれませんね。

とはいえ、10年で1000万円貯まってしまうわけですから、挑戦する価値はあると思います。

まとめ:目標金額を決め、期間を決め、具体的な積立金額を算出する

1000万円であろうが、1億円であろうが、まずは「目標金額」と「期間」を決める必要があります。

目標金額と期間が決まると、それを達成するために必要な毎月の積立額が決まり、取るべきリスクが決まります。

 

ただ、1億円貯めるために必要なリスクをとったからといって、必ずしも1億円貯まるわけではありません!

 

リスクとは、上る可能性と下がる可能性の振れ幅が大きいということです。当然、投資したものの大損する可能性もあります。

ですので、目標金額を「◯◯億円!」と設定するのはいいですが、無理せず人生を楽しめる範囲で積立額を決める方がいいと思います。

経済的に自由になるためにお金がほしい。だから、節約生活して投資する。結果、お金は見事に貯まったけれど・・・、60歳過ぎて友達もいないし、身体も満足に動かない。というようなことでは、悲しすぎますからね…

 

お金・生活・健康のバランスを大切に投資に取り組んでいきましょう。

 

人生のための投資であって、投資のための人生ではないことにご注意を。

とはいえ、1000万円貯めたいということであれば、毎月1万3000円積み立てればいいだけです。

レッツトライ!

※ちなみに、元金が1000万円超え始めると、複利の力で一気に資産が増えていきます。1000万円からの資産形成は比較的はやくて簡単です。

Pickup!投資信託初心者におすすめの記事

Pickup!おすすめ証券会社ベスト3
Pickup!おすすめネット銀行比較