SBI証券でNISA口座開設!まずは資料請求から。

SBI証券NISA 01

SBI証券でもNISA(ニーサ)口座は開設できます。楽天証券でもNISAの資料請求をしたんですが、SBI証券でも資料請求しておこうと思います。どちらがいいか比較して、自分に合う方を選びたいですからね。

参考:楽天証券でNISA口座を開設する前に、資料請求しました?

さてさて、さっそくSBI証券でNISA口座の資料請求をしてみましょう。

SBI証券でNISAの資料請求をする方法

SBI証券NISA 01

まずSBI証券にアクセスし、右上にある「NISA」のボタンをクリックします。

 

SBI証券NISA 02

NISA口座の書類請求ページヘ移動しますので、「NISA口座の資料請求はこちら」をクリックします。

 

SBI証券NISA 03

ログインしていない方は、ここでログイン請求ページが表示されます。ログインしないと資料請求はできませんので、ご注意を。

ユーザー名とパスワードを入力し、ログインします。

 

SBI証券NISA 04

「非課税上場株式等管理に関する約款」を確認しないと資料請求できません。確認した後、赤枠のラジオボタンにチェックを入れて、一番下の「書類請求」をクリックします。

 

SBI証券NISA 05

はい完了!SBI証券は楽天証券で資料請求するより簡単かも。

NISA資料請求から、自宅に届くまでの期間

実は、同じ日に楽天証券とSBI証券でNISA口座の資料請求をしました。どちらも2016/07/15に資料請求しています。

参考:楽天証券でNISA口座を開設する前に、資料請求しました?

どちらが早く自宅に届くか気になるところです。届き次第、何日かかったか追記しますね。

 

以上で「SBI証券でNISA口座の資料請求をする方法」は終わりです。NISAってなに?って方は「NISAで投資信託にかかる税金を無税にする方法」の記事をご参考に。

個人的にNISA口座では投資信託に投資するのがいいんじゃないかなと思います。投資信託に関しては「初心者のための投資信託 基礎知識」と「投資信託でサラリーマンが老後資産を貯める方法」にまとめてありますので、よろしければご参考に。

追記:
NISA口座申込資料とどきました!
楽天証券とSBI証券のNISA口座 申込資料比較