投資信託の比較ができる おすすめ投信情報サイト3つ

投資信託情報サイト

自分の知識だけでは知ることのできないお得な情報、新しい運用方法、投資信託時事ニュースなどを知るには投資信託情報サイトをチェックしましょう。

現在販売されている投資信託の値上がり率や、純資産額などを比較しながら閲覧することが出来ます。

自分が購入した投資信託と同じような投資信託の運用成績を比較して、良さそうな投資信託に目星をつけておくと、投資信託買い替え時に役立ちます。

おすすめの投資信託情報サイト3つ

投資信託情報サイトの中には、会員登録しないと記事を見れないものもあります。

ただ、そういったサイトは結構面倒で使いづらいというのが正直なところです。よっぽどのことがない限り利用しなくて良いと思います。

結局、無料のサイトでも同じような情報がUPされていることが多いので、あえて会員登録制のサイトを使う必要はありませんし、有料サイトも使う必要はありません。無料サイトでも必要十分な情報を手に入れることができます。

とりあえずは、以下の3つのサイトをブックマークしておけば問題ないでしょう。

モーニングスター

投資信託のモーニングスター|株式・投資信託・ETF・ニュース・ランキング

モーニングスターは非常に有名な投資信託情報サイトです。投資情報ならここ!というほどメジャーですね。

投資信託のみならず、株式や為替などの情報もチェックすることが出来ます。

期間、積立金、利回りなどを決めて、投資信託のシュミレーションができる金融電卓(無料で使える)は非常に便利です。

投信資料館

投資信託の投信資料館

投資資料館の魅力は、投資信託を基礎から学ぶことが出来るコンテンツが用意されているところです。

個人ブログっぽいサイトデザインで読みやすく親しみやすいところもいいですね。

投資信託の専門用語、よくある質問への答えの記事がまとまっていますので、特に初心者の方にはピッタリのサイトかもしれません。とりあえずこのサイトを斜め読みしておけば、投資信託の基本的な知識は身につけることが出来るでしょう。

投資信託のことを何も知らずにモーニングスターのようなサイトを見ても、なかなか馴染みにくいと思いますので、最初は投信資料館を読むことから始めてみると良いかもしれません。

eFundEv

– eFundEv β : いいファンドのセレクトサイト|C世代への投資信託に関する情報発信|Smart Small Investment

eFundEvは、さまざまな投資信託の運用担当者や、経済アナリストなどに直接インタビューした記事がたくさんあります。このインタビュー記事こそが、eFundEvの特徴ですね。

投資信託の投資方針をチェックしたい場合や、運用担当者の人柄を確認したい場合にはこのサイトをチェックするのが良いと思います。

以上がおすすめの投資信託情報サイト3つになります。

すでに投資信託を購入していて、騰落率や資産規模の推移等、運用データだけを見たいのであれば、モーニングスターだけチェックすれば問題ないかと思います。

投資信託の円グラフポートフォリオが作れるサイト

楽天証券で投資信託を購入すれば、自動で保有資産比率の円グラフを作ってくれます。これは、自分の資産状況を把握するのに非常に便利です。あとあとリバランスするときにも役立ちます

(※残念ながら、SBI証券にはこの機能はありません。株式投資の売買手数料や取り扱い投資信託の数はSBI証券の方が多いので、自分にあった方を選ぶといいと思います。私は両方使っています。)

 

この保有資産をわかりやすく可視化してくれる円グラフポートフォリオ機能ですが、会員登録することで利用できるサイトがあります。それが、先ほどご紹介したとモーニングスターのモーニングスタークラブと、投信まとなびというサイトのマイポートフォリオです。どちらも会員登録すると、無料で使えるようになります。

「一体いくら投資していて、いくら儲かっているのか?」は、なかなか数字の羅列では把握しにくいですが、円グラフであれば直感的に各投資信託の保有比率がわかります

会員登録がちょっと面倒ではありますが、それでも円グラフを使ってみたい方は利用してみるのもいいかと思います。

まぁ、楽天証券を利用すれば最初から円グラフポートフォリオツールが利用できますから、いちいち別サイトで会員登録する必要はありません。

楽天証券ユーザーはラッキーですよね。はやくSBI証券にも導入して欲しいところです。

まとめ

おすすめの投信情報サイトは、モーニングスター、投信資料館、eFundEvの3つです。

投資信託に慣れてきたら、モーニングスターでミドルリターン〜ハイリターンの投信を少し保有してみると、投資に面白みが出てくるかもしれません。