【運用方式の違い】ファミリーファンドとファンドオブファンズの違い

ファンドオブファンズの図

投資信託には、パッシブ運用とアクティブ運用という運用方針の違いがあります。

また、運用方針の違い以外にも、ファミリーファンド方式ファンド・オブ・ファンズ方式という運用方式の違いもあります。

ファミリーファンド方式の投資信託は、いろんな投資信託から集めたお金を一つの投資信託に集約して運用します。

ファンド・オブ・ファンズ方式の投資信託は、一つの投資信託に集まったお金を複数の投資信託に再投資して運用します。

ファミリーファンドもファンド・オブ・ファンズも似たような言葉なので・・・ややこしいですね。

どちらも、個人投資家が集めたお金をワンクッション挟んで別の投資信託に投資しているという点は共通していますが、運用方法は全くといっていいほど違います。

 

ファミリーファンド方式とは?

ファミリーファンド方式の投資信託は「A投信」「B投信」「C投信」など、それぞれ少しづつ違う名称、違う利益配分で販売されている投資信託に投資されたお金を一つにまとめて、『X投信』とういう別の投資信託に再投資して運用します。

最終的に運用している投資信託(ここでは「X投信」のこと)はマザーファンドと呼ばれ、マザーファンドに投資することになる投資信託(ここでは「A投信」「B投信」「C投信」のこと)は、ベビーファンドと呼ばれます。

このファミリーファンド方式のメリットは何かといえば、いろんな投資信託から集まったお金を一つに集めることによって運用資金が巨額になり、効率的に運用できるところです。少額では投資できないような金融商品にも投資することができるようになります。

マザーファンドで得た運用益は、それぞれのベビーファンドへと割り振られます。

ファンド・オブ・ファンズ方式とは?

ファンド・オブ・ファンズ方式の投資信託は、1つの投資信託に投資されたお金を、更に別の投資信託に投資して運用します。ちょうどファミリーファンド方式と逆のようなイメージですね。

 

【ファミリーファンド方式】
さまざまな投資信託に投資されたお金を、一つの投資信託に集約して運用する。

【ファンド・オブ・ファンズ方式】
一つの投資信託に投資されたお金を、複数の投資信託に再投資して運用する。

 

ファンド・オブ・ファンズ方式のメリットは何かといえば、複数の投資信託に投資しているので、一つの投資信託に投資するよりも更に分散効果が高まることです。

ただ、逆にいうと、複数の投資信託を購入しているので手数料が高くつくというデメリットもあります。

まとめ

  • ファミリーファンドは、複数の投資信託に投資されたお金を、一つの投資信託にまとめて運用
  • ファンド・オブ・ファンズは、一つの投資信託に投資されたお金を、更に別々の投資信託に投資して運用

個人的には、ファンド・オブ・ファンズはおすすめしません。手数料を余計に支払って運用益を薄めているように感じます。

過剰にリスク分散させると、旨味も少なくなります。バランスを考えて投資しましょう。

Pickup!投資信託初心者におすすめの記事

Pickup!おすすめ証券会社ベスト3
Pickup!おすすめネット銀行比較