投資信託にかかる3つの手数料とは?

投資信託にかかる3つの手数料とは

投資信託は様々な金融商品の組み合わせ商品なので、いくら上がるか?もしくは、いくら下がるか?を完全に予測することはできません。(そんなことできたら、今ごろ皆んなお金持ちですよ!)

ただ、手数料だけは完全に計算できます。手数料は毎回きっちり、投資資産から差し引かれます。確実なマイナスリターンです。

この手数料をいかに安くおさえるか?が長期投資において大きなポイントになります。たった数%の差であっても、年間単位で見ると投資資産に大きな影響を与えます。ですので、投資信託購入前に手数料を確認しておきましょう。

投資信託にかかる手数料は主に以下の3つです。

購入時手数料

購入時手数料とは、投資信託の販売会社に対して支払う手数料です。

投資信託の購入時にかかる手数料がこれにあたります。

(※ノーロードという購入時手数料のかからない投資信託もあります。)

運用管理費用

運用管理費用とは、投資資産の運用に対して支払う手数料です。信託報酬とも呼ばれています。

この手数料は、投資信託の販売会社、運用会社、信託銀行にそれぞれ振り分けられて支払われます。振り分けの割合は、それぞれの投資信託によって変わります。

信託財産留保額

信託財産留保額とは、投資信託を解約するときにかかる手数料です。これは正確に言うと手数料ではありません。迷惑代金のようなものです。

投資信託解約時には、その投資信託に組み入れられている各種金融商品を売って現金化しなければなりません。その売約にかかる手数料を、解約していない人が支払うのはおかしいのですよね?なので、解約する人が支払いましょうということで信託財産留保額が作られています。

まとめ

投資信託にかかる手数料は、購入時手数料、運用管理費用、信託財産留保額の3つです。

特に、運用管理費用に注意して下さい。購入時手数料は投資信託購入時のみにかかります。信託財産留保額は投資信託解約時のみかかります。しかし、運用管理費用は毎年 口座から引き落とされていきます。

詳しくは「投資信託で一番重要な手数料とは?」でも解説していますので、参考にしてみてください。