為替はなぜ日本の株式市場に影響を与えるのか?

肥満二人

円安円高という言葉は聞いたことがありますよね?『1ドル100円なので、今は円安です。』とか、経済ニュースでやってるアレです。

 

いわゆる為替といわれるもので、異なる通貨を交換する際のレートが高いか安いかということを知らせているわけです。

 

例えば、1ドル100円を基準として、1ドル200円になったとします。これは、1ドル100円の時から比べて円安になったといえます。

 

以前は1ドルと100円とが交換可能だったのに、1ドルと200円を交換しなくてはいけなくなったのであれば、円の価値が下がってしまったということです。なので円安。

 

逆に、1ドル100円を基準として、1ドル50円になったのであれば、円高になったといえます。以前は1ドルを100円と交換可能だったのに、1ドルを50円で交換可能になったのだから、円の価値が上がったということです。なので円高。

 

円の数字が増えた場合は円安。円の数字が下がった場合は円高。と逆転してるところが少しわかりにくいですが、すぐ慣れます。ポイントは、ドルが『1ドル』で固定されて表されるという部分ですね。

日本企業が円安で儲かると言われる理由

日本は円安になると儲かると言われますが、それは日本には輸出メインの企業が多いからです。

 

例えば、海外で1ドルのお皿を売っていたとします。販売した当初は1ドル100円の為替レートだったのに、現在は1ドル200円(円安)になったとします。すると、お皿販売会社は同じ商品を売っているのにもかかわらず、販売当初と比べて2倍の収入(200円)を得ることが出来ます。

 

逆に1ドル50円になってしまったとすると、同じ商品を売っているのにもかかわらず、販売当初と比べて半分の収入(50円)しか得られなくなってしまいます。

 

これが日本企業が円安で儲かると言われている理由です。

まとめ

輸出をメインとする企業が多い日本にとって、為替の変動は損益を左右する大きな要因