会社が儲かっているかを見極める5つの重要項目とは?

ガッツ

全ての上場会社は、必ず決算書類を出さなければならなりません。

 

いくら儲かったか、いくら損したかをみんなに知られてしまうわけですね。コソコソ出来ないわけです。(バレないように違法行為している会社は、大抵捕まってますよね。)

 

この開示情報の中にひみつの数字があります。

 

どこを見れば何が分かるのか?を知っておくと、投資すべき会社を正確に判断できるようになります。会社の健康状態チェックポイントみたいなものですね。

売上高

会社が一体いくら売り上げたのか?が売上高です。ここが順調に上昇していれば、稼ぎ力が上がっているってことですね。

 

ある種、攻撃力みたいなものです。どれだけお金を稼ぐパワーがあるかを判断します。

営業利益

売上高から、販売する製品やサービスに費やした原価、材料、また人件費などを差し引いた後に残った金額営業利益になります。

 

いくら稼ぐパワー(売上高)が高くても、結局莫大な人件費が必要だったり、もともとの仕入れ単価が高ければ、本当に強い会社とはいえないですよね。効率的に稼いでいるかどうか?をチェックしましょう。

 

ちなみに、この営業利益部分は本業の利益と呼ばれています。

経常利益

営業利益から受取利息や受取配当金など、営業外費用を加えて、支払利息を引いた金額経常利益になります。

 

売上高から仕入れ単価や人件費等を引き、さらに細々した営業外の部分で発生した収支を合計した金額です。なので、もっとも収益性がよく分かる項目です。

 

税引き前利益

経常利益から特別損失や特別利益を合算した金額が、税引き前利益になります。

 

会社を運営していると、不慮の事故(火災や自身での倒壊など)が起こったりしますよね。そういう特別な事態で発生した損失が特別損失です。

 

逆に、保有資産を売却したりして一時的に利益が出た場合は特別利益になります。

 

つまり、経常利益に不確定要素部分で発生したお金を合計した金額が税引き前利益です。

純利益

税引き前利益から、国に収める法人税を引いて残ったのが純利益になります。

 

会社で稼いだお金から、それにかかった経費等々を差し引いて差し引いて差し引いて・・・最後に残ったお金です。

 

結局、会社にいくら残ったのか?が分かります。

 

 

以上、5つ会社が儲かっているかどうかをチェックする際の重要な項目になります。

 

会社四季報には、この5つの項目のうちの売上高、営業利益、経常利益、純利益の4つが記載されています。株式購入前には要チェックです。

まとめ

会社が儲かっているかどうかを見極める重要項目は、売上高営業利益経常利益税引き前利益純利益の5つ。