分配金を出す投資信託が儲からない理由

貯金箱とお金を持つ子供

投資信託には、投資信託保有者に還元される「分配金」というものがあります。

この分配金は、株式投資でいうところの配当のようなものです。しかし、配当と分配金の仕組みは似て非なるものなので、注意が必要です。

投資信託の中には、毎月分配金がもらえるものもありますが、『分配金がたくさんもらえる投資信託=利回りのいい投資信託』というわけではありません。

というのも、分配金は投資信託の運用資産の中から支払われているからです。分配金が支払われるたび、運用資産総額は目減りしていきます。

分配金のデメリットをしっかりと理解しておきましょう。

 

分配金とは?

分配金とは、投資信託の決算時に投資信託保有者に支払われるお金のことです。株式で言うところの配当、貯金で言うところの利息のようなものです。

ただ、分配金は配当や利息とは違い、投資信託保有者にとって利益をもたらす仕組みとはいえません。というのも、分配金は投資信託の運用資産を切り崩して支払われるからです。

運用資産が少なくなると、基準価額も下がってしまいます。「分配金がもらえてラッキー!」と思いきや、単に自分の口座から自分でお金を引き下ろしているのと変わらなかったりします。

分配金で注意すべき2つのポイント

  • 分配金の一部、もしくは全てが運用資産(純資産総額)から支払われる可能性がある
  • 分配金を支払った後は運用資産が減る。よって、基準価格もその分下がる

分配金を支払うたび、投資信託の純資産総額は減っていきます。また、分配金を受け取る度に税金もとられます。ですので、分配金を頻繁に出す投資信託は、その分余計な税金を支払っていることになります。

 

つまり、毎月分配型の投資信託は100%複利の力を利用できていないということです。

 

なので、長期的に着実に資産形成していこうとしている人は、なるべく分配金を出さない投資信託を選ぶほうが良いです。

投資信託を売ろうとするセールスマンは、「毎月お金がもらえる方が安心」とか、「使えるお金が増える」とか、いろんなセールストークで迫ってくるかもしれませんが、断固として断りましょう!

分配金を頻繁に出す投資信託は、たいてい運用手数料が高いです。運用手数料が高いということは、投資信託を買う側ではなく、売る側が儲かるということです。

セールスマンの収入を増やすよりも、先ず自分のお金を増やしましょう。

まとめ

分配金は運用資産を切り崩して支払われます。支払われるたび手数料がかかります。税金もかかります。

着実に資産形成していきたなら、出来るだけ分配金を出す頻度が低い投資信託を選びましょう。

Pickup!投資信託初心者におすすめの記事

Pickup!おすすめ証券会社ベスト3
Pickup!おすすめネット銀行比較