投資信託で安全に資産形成するために、3つのリスクを分散する

カラーピン

これから資産形成していきたい。着実に資産を増やしていきたい。こう考えているのであれば、勝ちにいくよりも負けにくい投資をする方が良いです。

 

では、『負けにくい投資』とは何でしょうか?

 

それは、投資信託長期投資です。

長期保有で複利の力を活かせますし、投資先が分散されているのでリスクが軽減されます。安全に着実に資産を増やしていくのにはベストな投資方法です。

とはいっても、投資信託にも様々な種類があります。投資先が偏っている投資信託もあります。長期保有して着実に資産形成していくためには、リスク管理が必須です。

「地雷」のような投資信託を選んで大損してしまわないように、最低限 3つのリスクを分散しましょう。

リスク分散チェック3項目

単純に「分散」と言っても、いろいろあります。

基本的には以下の3つを分散しておけば、かなり安全度は高まります。

地域を分散する

投資先の地域が分散されているか確認しましょう。

一つの国に集中的に投資している投資信託もあるので要注意です。

株価は会社の業績のみならず、政治的なリスク(テロや戦争など)や地政学的リスク(水害や地震など)などにも影響されます。ですので、投資先が1国に集中しているような投資信託は避けましょう

投資する投資商品(株式、債権、不動産など)を分散する

株式や債権だけでなく、不動産など、さまざまな投資商品を組み合わせた投資ポートフォリオを作るとリスク分散効果が高まります。

例えば債権は株式市場が低迷したときに上がる性質があります。このような正反対の動きをする金融資産を組み合わせて持っておくと、1種類に特化した投資ポートフォリオよりもリスクが低くなります。

購入する投資信託を分散する

投資信託は複数の株や債権などを組み合わせた投資商品ですから、一つだけ購入してもリスク分散効果があります。

ただ、どの投資信託が上がるか下がるかは誰にも予測不可能です。ですので、投資信託自体も複数持っておく方が安全です。

かといって、分散しすぎても複利効果が薄まってしまいますし、管理コストも大きくなってしまいます。現実的には4〜8つ前後で調整するのが無難かと思います。

まとめ

安全に資産を増やしていくには、投資先、投資商品が分散された投資信託を、4〜8つ長期保有しましょう。

リスク分散ばかりに注力すると、超ローリスク超ローリターンな投資ポートフォリオになってしまいます。個人的には、優良なインデックスファンドを3〜5つも保有すれば十分なのではないかなと思います。