投資信託のインデックスファンドとアクティブファンドの違いとは?

グラフ比較

投資信託運用方法には、大きく分けて2つのスタイルがあります。

 

1つ目はパッシブ運用(消極的運用)、2つ目はアクティブ運用(積極的運用)です。

 

パッシブ運用は、日経平均やTOPIXなどの指数と同じような動きをすることを目指しています。「インデックスファンド」は、パッシブ運用の代表的なファンドです。

それに対して、アクティブ運用は、日経平均などの市場平均を上回ることを目指しています。「アクティブファンド」は、アクティブ運用の代表的なファンドです。

 

それぞれ特徴がありますので、区別できるように覚えておきましょう。

インデックスファンドの特徴

インデックスファンドの特徴は、目標(ベンチマーク)とした指数と同じ動きを目指しているところです。

例えば日経平均を目標指数としているインデックスファンドであれば、日経平均と同じような動きをします。結果的に、「日経平均と同じような株式を詰めあわせたファンド」になります。

つまり、インデックスファンドを作る際には、手間ひまかけて株を選定する必要はないということです。そのぶん手数料が安くなります

アクティブファンドの特徴

インデックスファンドが目標とした指数と同じような動きを目指しているのに対して、アクティブファンドは、目標とした指数を上回ることを目指しています。

例えば日経平均を目標指数とした場合、その指数を上回ることを目指しますので、日経平均に組み込まれている株とは違った株を、違った割合で詰め込んだファンドを作ることになります。

それゆえ、運用側にとって手間がかかります。手間分がコストに上乗せされますので、手数料が高いです。

また、目標指数を上回ることを目指している分リスクをとっているので、インデックスファンドよりもハイリスク・ハイリターンです。

どちらのファンドを買うべきか?

基本的には自分が請け負えるリスクの範囲内で、期待するリターンや回収期間を元に選べばいいと思います。

ですが、ほとんどのアクティブファンドが、インデックスファンドの運用利回りを超えていないという事実があります。

ハイリターンは期待できるものの、それは「とらぬ狸の皮算用」でしかありません。実際に投資信託の基準価額が上がるか下がるかは、誰にも予想できません。

ですので、「大勝ち」したいわけではなく「負けにくい」投資をしたいのであれば、インデックスファンドの購入をおすすめします。

まとめ

ローリスク・ローリターン(またはミドルリスク・ミドルリターン)の安全な運用をめざすならインデックスファンドを購入するのが良いでしょう。

ハイリスク・ハイリターンの「勝ちにいく」運用をめざすならアクティブファンドを購入するのが良いでしょう。

ただ、ほとんどのアクティブファンド(6割以上)は、インデックスファンドに勝てていないということを覚えておきましょう。