【運用方針の違い】インデックスファンドとアクティブファンドの違い

投資信託(ファンド)は、運用方針の違いによって、2種類に大別できます。

 

1つ目はパッシブ運用(消極的運用)のファンド。2つ目はアクティブ運用(積極的運用)のファンドです。

 

パッシブ運用のファンドは、日経平均やTOPIXなどの指数と同じような動きをすることを目指しています。「インデックスファンド」は、パッシブ運用の代表的なファンドです。

それに対して、アクティブ運用のファンドは、日経平均やTOPIXなどの指数を上回ることを目指しています。「アクティブファンド」は、アクティブ運用の代表的なファンドです。

 

それぞれ特徴がありますので、区別できるように覚えておきましょう。

※『指数』とは、市場全体の動向を見るために使われる数字のことです。上場会社の時価総額すべてを元に算出したもの(TOPIX)や、一定のグループの株価を一定の計算方法にしたがって算出したもの(日経平均)などがあります。

 

インデックスファンドの特徴

インデックスファンドは、目標としている(ベンチマークしている)指数と同じ動きをするよう設計されています。

例えば、日経平均をベンチマークしているインデックスファンドであれば、日経平均と同じような動きをします。結果的に、「日経平均と同じような株式を詰めあわせたファンド」になります。

つまり、インデックスファンドを作るのに、さほど手間はかからないということです。ベンチマークしている指数に含まれている株式と、同じような株式をまとめればいいわけですからね。

なので、インデックスファンドの手数料は安くなります

アクティブファンドの特徴

インデックスファンドが目標としている指数と同じ動きを目指しているのに対して、アクティブファンドは、目標としている指数を上回ることを目指しています。

例えば日経平均をベンチマークしているアクティブファンドの場合、日経平均を上回ることを目指しているので、日経平均に組み込まれている株とは違った株が、違った割合で詰め込まれることになります。

それゆえ、アクティブファンドを作るのには手間がかかります。手間分がコストに上乗せされますので、アクティブファンドの手数料は高くなります

また、ベンチマークを上回ることを目指している分、リスクをとっているので、インデックスファンドよりもハイリスク・ハイリターンです。

どちらのファンドを買うべきか?

一概に、インデックスファンドだから良い。もしくは、アクティブファンドだから良い。というようなことは言えません。人それぞれ投資スタイルは違うわけですからね。

「自分が請け負えるリスクの範囲内で、期待するリターンを得られそうなファンドを選ぶ」というのが、万人にあてはまるアドバイスではないかと思います。

ただ、ほとんどのアクティブファンドが、インデックスファンドの運用利回りを超えていないという事実は覚えておいて損はないでしょう。

アクティブファンドがインデックスファンドよりリスクをとっているからといって、必ずハイリターンが見込めるわけではありません。実際に投資信託の基準価額が上がるか下がるかは、誰にも予想できません。確実に予想できるなら、常に勝ち続ける投資信託があるはずですが、そんなものはありません。

何が起こるか誰にも分からない。だとすれば、何が起こっても大損しないようなファンド(投資信託)に投資するべきです。それが、負けにくい投資をする上で重要なポイントではないかと思います。

ですので、「大勝ち」したいわけではなく「負けにくい投資」をしたいのであれば、インデックスファンドの購入をおすすめします。

まとめ

ローリスク・ローリターン(またはミドルリスク・ミドルリターン)の安全な資産運用をめざすならインデックスファンドを購入するのが良いでしょう。

ハイリスク・ハイリターンの「勝ちにいく資産運用」をめざすならアクティブファンドを購入するのも良いでしょう。

ただ、ほとんどのアクティブファンド(6割以上)は、インデックスファンドに勝てていないということを覚えておきましょう。

Pickup!投資信託初心者におすすめの記事

Pickup!おすすめ証券会社ベスト3
Pickup!おすすめネット銀行比較