【ベトナム旅行記】ベトナムの食事レポート。生春巻きとフォーの美味しいお店の紹介

ベトナムと言えば生春巻き!

生春巻き以外にもバインミーというフランスパンにチキンや野菜を挟んだ、ベトナム風ホットドックのようなもの、牛肉や野菜と米製のメンをあわせたフォー、ベトナム風お好み焼き的なバインセオなど、いろいろあります。

残念ながら、今回の旅行中にすべてを食べることはできなかったのですが、いくつか美味しそうなものを食べてきましたので写真付きで紹介させて頂きます。

紹介している食べ物は、全て美味しかったです。ですので、ベトナムへ行って何を食べればいいかわからないとか、どれも口に合わないという場合は、ここで紹介しているお店で食べてみるのもありかと思います。

では、さっそくフォーからご紹介!

牛肉フォー

牛肉フォーの写真 02

こちらがベトナム旅行1日目に食べた牛肉フォーです。

ゴロっと骨付きの牛肉がたっぷり入っています。日本で食べられる似たような食品で言えば・・・、焼肉屋さんのテールスープみたいな感じでしょうか。

牛肉フォーの写真 03

ただ、テールスープとは違って具だくさんです。もやし、エビ、ネギ、香草、フォーなどなど、いろいろ入っています。牛肉メインというわけではありません。でも、牛肉結構たくさん入ってます。贅沢。

ベトナム料理は香草が効いてて苦手という人がいるかもしれませんが、私が食べたこの牛肉フォーは、あまり香草くささはありませんでした。塩と醤油?っぽい味でまとめられた、あっさり目のスープで、具のそれぞれの味を引き立てているような感じでしょうか。日本人の味覚にあっていると思います。食べやすくて美味しいです。

生春巻き

生春巻きの写真 01

こちらが牛肉フォーと一緒に注文した生春巻きです。この生春巻き、想像を絶するモッチリ感!食べながら目を見開いてしまいました。(誰も見てなくてよかった)

ほんとモチモチで噛み切れないぐらいなんですよ。こんな食感の食べ物は日本で食べたことがないです。お餅の食感とはぜんぜん違うんですよ。なんとも表現しづらいので、「もう、食べてみてくれ!」としか言い様がありません。私が生きてきた中で、最高のモチモチ食感の食べ物でした。

味はフォーと野菜、エビ、香草が巻かれているものの、フォーの味が大部分を占めています。ですので、そのまま食べてもあまり美味しくないとおもいます。蛋白な味です。ただ・・・・

生春巻きの写真 02

この甘辛ソース&スパイシーソースを付けて食べると、淡白な生春巻きの味が一変!バクバクいけちゃう!どちらのソースも、もう一口、もう一口、と食べすすめてしまう魔法のソースです。生春巻きと相性良すぎ。(笑

ただ、スパイシーソースの方は、びっくりするほどスパイシーですので注意が必要です。

で、肝心のこの牛肉フォーと生春巻きが食べられるお店なんですが・・・、写真取るの忘れてしまいました・・。残念。

次にホーチミンに行ったときに撮影してきます。観光客用のお店なので価格は高かったですが、美味しかったです。

 

※追記:

牛肉フォーの写真 01

この写真で、どのお店か分かる人がいたら、ぜひ教えて頂ければ幸いです。googleマップで場所をリンクします。

「Wrap & Roll」の揚げフォー肉野菜炒め

Wrap and roll 01

Wrap&Rollは、ベトナムの中心地に展開している春巻きのチェーン店です。色んなバリエーションの春巻きを食べることが出来ます。春巻き以外のフォーやご飯系のメニューもあります。

なんとなく、店の前に置かれているメニューを眺めてましたら、店内から出てくる中国人(香港人かも?)のお客さんが私に話しかけてきたんですよ。

「このお店、どれも美味しいから、いいよ!ここおすすめだよ。」って。とりあえず、サンキューサンキューと笑顔で返答しつつ店内へ。

※笑顔でサンキューは、知らない国へ行ったときの基本的な対応です。間違いなし。

Wrap and roll 03

とりあえず、まずびっくりしたのが店内。超キレイでクリーンです。ベトナムの街の風景からはあまり想像できません。近代化が進んだ店舗。

ただ、人件費が安いからか、もしくは人気店だからなのかわかりませんが、店のサイズに似合わないくらいスタッフがいます。ウェイターの女性だけで6人ぐらいいたと思います。その他、厨房の料理人やマネージャーを加えると、どう考えても人数多すぎ感。

ま、そんなことは私には関係ないことですので、早速注文。

Wrap and roll 04

春巻きはベトナムに来てたくさん食べましたので、Wrap&Rollでは、こちらの「Pho Chien Phong Xao Bo」を注文しました。78000ドン。私が旅行しているときは、おおよそ1円あたり210ドンだったので、約370円ぐらいです。まあまあ安いのではないでしょうか。

Wrap and roll 06

肉と野菜と揚げた魚を、とろっとした熱々の「何か」で和えた、なんともおいしそうな料理です。においからしておいしそう。これはアタリだと確信。

Wrap and roll 07

写真からはわかりづらいとは思いますが、揚げた魚が丸ごと骨まで食べられるんです。スプーンですくって、牛肉、揚げ魚、野菜、をガツガツいただく。とてもおいしい!全然スパイシーな味ではないので、ベトナムっぽくないかもしれませんが、ベトナムに行ったら食べようと思います。

「GANH」の豚肉フォー

Ganh 01

ちょうどWrap & Rollの向かいに、「Ganh」というベトナム料理屋さんがありました。こちらの店舗もわりときれいめなんですが・・・、二階で従業員さんが床で寝てるっていう・・・ね。なんとも日本では考えられない光景を目の当たりにしました。

昼寝休憩はベトナムではわりと当たり前のことなのかな?暑すぎて、ただ突っ立っているのもつらいですからね。ただ、Wrap&Rollといい、Ganhといい、店簿サイズのわりにどう考えても従業員数が多い気がします。

ま、そんなことは私には関係ないので、さっそく注文をば・・・

Ganh 02

Ganhでは、こちらのメニュー右下にある「豚肉フォー」を注文。65000ドンなので、約300円ほどです。安い!

Ganh 03

具がたっぷりフォーの上にのっています。鮮度高めでシャキシャキ感ありそう。

どうやって食べるのかわからなかったので、店員さんに聞いてみたところ、フォーの横にあるピリ辛ソースを全部どんぶりに入れて、まぜあわせて食べるそうです。

Ganh 04

混ぜ合わせるとこんな感じ。

見た目さわやかで、あっさりめのフォーです。新鮮な野菜と豚肉とピリ辛ソースが、口の中でザクザクと混ぜ合わさって、いい感じ。これまたおいしいメニュー発見。

フォーは米からできているので、結構ズドーンと腹にたまっちゃうのかなと思ってたんですが、そんなことないんですよね。中華麺やそばより軽いのは当然。そうめんよりあっさりしてるかも?フォー独特のくさみがあるかもしれませんが、ソースやスープがそれを打ち消しちゃってるので、食べにくいということはまずありませんね。

総括として、ベトナム料理は日本人の口に合う料理だと思います。パクチー恐れることなかれです。

まとめ

はじめてベトナムへ行く方は、どこのお店に入ったらいいかわからないと思います。地元の人に愛されている小さなお店は、やはり怪しすぎて入りにくいと思いますし、実際観光客相手にはぼったくる店が多いそうです。

ただ、Wrap&Rollはチェーン店展開しているしっかりしたお店です。レシートもくれますし、注文したメニューごとに料金がしっかり記載されています。ぼったくられることはまずありません。店内もキレイですし、日本人の清潔感にも合うと思います。

とりあえず、どこに入ったらいいか分からなければ「Wrap&Roll」へ入れば問題ないでしょう。味もよく、価格も低めなので、おすすめできます。