自分の弱みを強みにする方法。

ストレングスファインダー公式サイトTOP

ストレングスファインダーって、一時期流行りましたよね。私も流行にのってやりました。

占いをやるより、ストレングスファインダーテストを受ける方がいいですね。具体的に自分の強みがわかります。結果に対する納得感が半端ではないです。

でも、強みだけを知っても、あまり有効に自分を動かせません。

なぜでしょうか?

強みを知るだけでは足りない

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」というストレングスファインダー公式本を読めば、『自分の強みTOP5』を発見することが出来ます。ただ、自分の強みTOP5を知ったところで、実はそんなに意味は無いんですよね。

 

なぜか?

 

それは、実生活では自分の強み以外が必要になる場面が多々あるからです。

たとえば、「未来志向」の強みを持つAさんが、放射能汚染された地域の除染作業員だったとします。もちろん、そこでは現実と向き合って淡々と作業を進める必要がありますから、いくら将来の希望やビジョンを描いたところで意味は無いわけです。

少なからず鼓舞される人はいるかもしれませんが、実際そこで必要とされている資質ではないってことは明らかですよね?むしろマイナスに働く可能性すら高い。

おそらくそういう場面で必要とされているのは、実行力、行動力、積極性、コミュニケーション力などであるはずです。でも、Aさんの弱みTOP5がこれらに属していたとしたら・・・どうすればいいでしょうか?

 

解決法はあります。

 

まずは、自分の強みTOP5以下、全の資質(34個)の順序を知ることからはじめましょう。一度ストレングスファインダーテストを受けた人であれば、もう一度テストしなくても全資質の順序を知ることが出来ます。

ストレングスファインダー公式サイトで全資質の順番を知る

ストレングスファインダー公式サイトは日本語化されています。全ての情報に日本語でアクセスできます。
Gallup Strengths Center

ストレングスファインダー公式サイト_02

Clifton StrengthsFinderアクセスコード

こちらのサイトにサインインし、「TOP5の強みを超えて(74ドル)」の商品を購入すると、全資質の順番を知ることができます。
(※すでにストレングスファインダーテストを受け、自分の強みTOP5のデータを持っている人に限る。)

5位以下の資質については、いくら頑張ったところで市場が要求するレベルを超えて突出することはできないので、積極的に克服しようとしない方がいいです。極論すると、諦めたほうがいいです。

むしろ、TOP5の資質をさらに伸ばし、「あなたしかいない!」と言われるような存在になる方が価値があり、しかもあなたにとって簡単です。(苦じゃない。自然にできてしまう。)

 

では、なぜ自分の弱みを知る必要があるのか?

 

そうですね。先程もいいましたが、実生活では自分の弱みが必要になる場面もあるからです。

自分の弱みを強みに変える

例えば私の弱みの一つに「社交性」があります。

残念ですが、克服しようにも難があることは確かです。当たっています。自分のことなのでよくわかります。

しかし、自分の弱みだからといって完全に無視して生きることは出来ません。社会で生きている限り、人と接してうまく付き合っていかなければなりません。

 

ではどうすればいいか?

 

『自分の弱みに関わることを、強みでとらえ直す』

これが答えです。

 

例えば、私の強みに「戦略性」があります。弱みである「社会性」に関わることを、「戦略性」でとらえ直すとどうなるでしょうか?

人と話したり、深い交友関係を築くのが得意ではなかったとしても、「戦略性」から考えると、それではいけないとわかるわけです。どうにか自分のプラスになる方法はないか?と「戦略」を考え始めるわけです。

「戦略性」は私の強みですから、この作業は難なく進み、答えを出します。で、戦略性に基づいて、それが達成されるよう行動することになります。結果として、社会性は戦略性を利用することで克服されます。

 

社会性に関わる問題を、社会性を克服することで解決しようとしないってことです。自分の強みを利用して解決するということです。

 

「出来ないことを、出来ることを利用して解決する」当たり前に聞こえるかもしれませんが、問題に直面した時にこの方法を使って冷静に対処している人は、なかなかいないのではないでしょうか?

 

視点を変えるだけです。それだけで生きやすくなります。

 

ストレングスファインダーテストを受けたことがある人は、ぜひ自分の弱みも知ることをおすすめします。まだストレングスファインダーテストを受けたことがない人は、まず自分の強みを把握するためにテストを受けることから初めてみましょう。

テストを受けた後に自分の強みTOP5を知ると、不思議なことに自尊心が湧いてきます。アイデンティティが確立したような感じです。

「自分に自信が持てます」なんていうと、急に陳腐化されてしまいますが、事実は事実です。受ける価値はあります。