【書評】儲けようとして投資すると損する。その逆が正解。/「敗者のゲーム」著チャールズ・エリス

敗者のゲーム

投資信託のみならず、どんな投資をするにしても、まず読んでおくべき一冊である「敗者のゲーム」を読みました。

アクティブファンドはインデックスファンドに勝てない」であるとか、「個人投資家がプロに勝つのは不可能」であるとか、今まで何冊か投資信託の本を読んで学んできたことが、さらに詳しく裏付けデータ込みで書かれていました。

なんといいましょうか、投資の現実を知ってしまうと…

 

『あぁ、やっぱり、一発逆転でお金持ちにはなれないのか…』

 

と、ちょっと落胆してしまいますね…。

ですが、うまくやれば…というか、うまくその他大勢を出し抜いて儲けてやろう!という考えを排除してしまえば、そこそこ勝ててしまうという事実もあるわけで、これはこれで心強いところです。

個人投資家が投資信託で儲けるために大切な部分をいくつかピックアップしてみましたので、よろしければご参考に。

「敗者のゲーム」読書まとめ

ファンド・マネジャーは市場平均に勝てない

伝統的に資産運用の世界では、市場に勝つことが出来るという信念が支配的だった。

しかし、時代は変わり、今日ではこの前提は、プロの運用機関にとってさえ当てはまらない。

年間成績では約6割のマネジャーが市場平均を下回る。10年では7割、20年では8割のマネジャーが市場に負けている

投資信託に投資する場合、長期投資が基本です。なので、20年以上の単位で運用を考えることになると思います。

とすると、市場平均を上回っているアクティブファンドのマネジャーは20%しかいません。なので、投資信託を長期保有する場合は、アクティブファンドは避けるべきってことですね。

もし、20年前に20年後に勝利するファンドマネジャーが誰か分かる能力を持っているなら話は別ですが…、そんな人はいませんので。

アクティブ運用の投資信託は、論理的に儲からない

過去50年において、アクティブ運用を「敗者のゲーム」に変えてきた背景をここで整理してみよう。

■ニューヨーク証券取引所の1日の売買高は2000倍以上に増加(200万株から50億株へ)、各国主要市場においても同様。

投資家の構成は個人投資家90%から、機関投資家90%へと変化

■デリバティブ取引はゼロから、「キャッシュ取引」を上回る水準にまで増加、すべて機関投資家取引。

■CFA(米国公認証券アナリスト)資格を持つアナリストは12万人、受験者は20万人(50年前はゼロ)

■レギュレーションFD(公正開示規制)により、企業が発信する情報は万人が共有。

■高度なIT技術を活用した売買の拡大

■グローバル化、ヘッジファンド、プライベート・エクイティが市場変化を推進

■Bloomberg、インターネット、eメールといった通信技術の発展により、投資家はあらゆる情報を共有

■主要証券会社の膨大な投資情報レポートが、世界中の何万人ものアナリストやファンド・マネジャーにインターネットで時々刻々と配信され、瞬時に売買につながる。

こうしたすさまじい環境変化の結果、「情報と予測を武器とする」アクティブ・マーケットは、急速に効率的市場へと転換してきた。

時代の変化とともに、市場参加者の大部分は機関投資家になったわけです。市場≒機関投資家というような状態。

なので、機関投資家自身が、市場平均に勝とうと考えても無理。だって、市場そのものが機関投資家なわけですから。

自分のとなりにいる機関投資家は、自分だけが知っていると思っていた情報を知っているわけです。なぜなら、情報化社会が進んでしまって、瞬時にどんなウラ情報も皆に行き渡ってしまうから。

「自分だけが知ってる情報がある。だから、他を出し抜いて勝てる!」は通用しなくなったわけです。「この株は上がる!」と確信できるような情報は、皆が瞬時に知ってしまう。皆がその株を買うので、結果誰も儲からない

このように、市場が超効率的になったので、アクティブファンドの優位性はなくなってしまったわけです。

勝てるタイミングを狙うのではなく、その瞬間に市場に参加していることが重要

長期的に見て投資家が失敗する原因の1つは、激しい下げ相場に遭遇してパニックに陥り、上記のような最大の上げ相場に参加する機会を自ら放棄してしまうことだ。

この教訓は明らかである。

投資家は、「稲妻が輝く瞬間」に市場に居合わせなければならないということだ。相場のタイミングに賭ける投資は間違っており、決して考えてはいけない。

今こそ買いだっ!というようなタイミングを事前に予測することは出来ない。でも、そういう絶好のチャンスは数十年に1回の頻度で起こる。では、どうすればそのチャンスを掴めるか?

それは、そのタイミングを狙うのではなくて、常に市場に参加し続けること。絶好のチャンスにも、そうでないときにも市場に参加し続けることで、結果として絶好のチャンスを捉えることができる

優れた投資家の基本原則を守り続ける

優れた投資家が守ってきた投資についての基本原則をまとめてみよう。

投資の最大の課題は、株式・債券・不動産などへの長期的な資産配分の決定である。

②長期的な資産配分の決定に際して考慮すべき点は、成長性・安全性・毎年の収入などだが、最も大事なのは、いつ資金が必要になるか、という点である。

資産ごとにも、資産の種類ごとにも幅広く分散すること。暴落は突然起きる

決めたことを一貫して忍耐強く実行する。上昇相場は最も悲観的な時に起こる。一喜一憂したときの損失は大きい。「方針をきちんと立て、方針どうりにこうどうすること」。だからこそ、①の資産配分方針が重要である。

私は株式オンリーに投資しているので、不動産や債券に資産配分できてません。

やっぱり、ITバブルや震災などは必ず起こるわけですから、リスクヘッジのために資産配分みなおすべきかもしれません。

人生全体で考えると、インデックス・ファンドに投資するのがベスト

インデックス・ファンドの優れたメリットを、もう一度整理してみよう。

■相対的に高いリターン:長期的に見て、全体の80%のアクティブ・マネジャーは市場平均に勝てず、どのマネジャーがトップ20%かを事前に見つけるのは、ほとんど不可能だ。

■低コスト:運用報酬と管理費用は、年利で0.1%(一般のアクティブ運用では1〜2%)1年間でポートフォリオの1割程度しか売買されないため、売買手数料が低い。さらにマーケット・インパクト(自ら買いに出たことによる値上がり、売りによる値下がり効果)も低い。毎年の実現益も少ないから、税金も少なくて済む。

■便利:あまり運用実績を管理する必要もない。

■不安や後悔を感じなくてすむ:相場動向や投資戦略、マネジャー選択といった判断をする必要もなく、特定個別銘柄への投資割合も低いので、さらに致命的にあミスを犯す心配もない。

■運用目的、長期投資方針といった最重要課題にだけ専念できる。

インデックス・ファンドに投資する理由って、投資に割く時間が少なくてすむというメリットが非常に大きいと思うんですよね。

空いた時間で自分の仕事のスキルアップに注力すれば、人的資本の価値も上がるわけです。

なので、金融資本と人的資本の両方を上げていきたいなら、インデックス・ファンドに投資するのが一番かと思います。

インデックス・ファンドに投資したからといって、本当に「ほったらかし」ではいけない

「プレーしない自由」には「十分な根拠があるときにだけプレーする」責任が伴うことは言うまでもない。

私は、一度投資したら、ほぼほったらかしでOKという「ほったらかし投資」を進めていますが、本当にほったらかしでいいのか?全く何もしなくていいのか?というと、そうではないわけです。

購入した投資信託が、目論見書通りに運用されているか?リバランスの必要はあるか?などなど、年に一回程度は見直す必要があります。

その年に一回の「見直し」が、きちんと出来るからこそ、それ以外の日はほったらかしでOKなわけです。

全く何もせず、タダで儲かることなんてないですからね。そこは履き違えないように。

運用方針を明文化する

投資家は長期の運用基本方針を策定したら文書ではっきり表現し、確認しておくべきである。最大の理由は、その場しのぎの方針変更からポートフォリオを守るためだ。

短期的な市場の危機により、方針への信頼が揺らぎそうなとき、長期方針を貫き通すためである。

絶対に起こるんですよね、大恐慌って…。

2008年のリーマンショックみたいなことは、今後も起こると思います。そういうときがきても、慌てふためいて売ってしまわないように、長期目標の元に投資し続けられるよう、運用基本方針を可視化しておきましょう。

自分だけは大丈夫。と思って可視化しない。そういう人は、やっぱり市場から退場していくんだろうなと思います。(まだ可視化してない私が言うのも何ですが…)

投資信託の格付けは信用するに値しない

モーニングスター社の「一つ星」と「五つ星」といった投信格付けを見たことがあるだろう。しかし、この格付は過去の成績だけに基づいている。簡単に言えば、最も広く知られたこの格付は、投資判断には危険だということだ。

実際、モーニングスターもその格付が将来的なパフォーマンスの予想にほとんど役立たないことを率直に認めている。

これはちょっと盲点でした。言われて気づく落とし穴。

投資家がよく利用しているモーニングスターの格付けを投資判断に使うべきではないと。なぜなら、過去の運用パフォーマンスは、将来の運用パフォーマンス予想に役立たないから。そして、そのことをモーニングスター自身も認めている!!

格付けは、あくまで目安。話半分以下でとらえるのが良さそうです。もっと重要なのはコストとか、運用資産総額ですからね。モーニングスターは、そういう数値を見るために利用させていただきましょう。

投資しないとインフレによって、残金は減り続ける

インフレの力こそが本当に恐ろしい。

一般的に許容されている年率2%のインフレが続けば、購買力は36年で半減する

『投資って、なんだか怖い…』

っといって貯金していると、投資をするよりも怖ろしい事態に…。

インフレの力は化物ですね。36年で購買力が半減だなんて…。老後生活に大打撃です。

このインフレの力を少しでも緩和させるには、投資して運用益を得る他ありません。堅実に投資して、インフレに備えましょう。

自分の直感を信じてはいけない

直感を信じて投資してはいけない

うまくいって有頂天の時は、大火傷が待っていると思ったほうが良い。落ち込んだ時は、夜明け前が一番暗いということを思い出そう。そして、なにもしないことだ。

売買は運用のプラスアルファの部分にすぎない。

最近で言えば、任天堂のストップ高→ストップ安や、ビットコインの急落がありました。当然のことながら、買いを誘う情報は沢山ありました。おそらく、今後もこういうことはあります。

目の前に人参がぶら下げられると、どうしてもかぶりつきたくなりますが、冷静にいきましょう。運用方針に則って投資し続ける事が重要なわけで、短期的な儲け話に上手に乗っかることは、本来の目的ではありません。

お金持ちになりたいからといって、無理やりリスクを取ってはいけない

リスクの取りすぎは禁物だ。自らの限界を率直に認め、背伸びしないことだ。(略)

これ以上損は出来ない、という限界以上のリスクを取ってはいけない。」

早く金持ちになりたいとおもって、限界までリスクをとると、万が一の事が起こった時に全財産失いかねません。そうなると、もう社会復帰できない可能性もあります。

残念なことではありますが、「万が一」のことは起こります。だれがリーマンショックを予想できたでしょうか?だれが次の震災を予想できるでしょうか?

できませんね。

であれば、最悪の事態を想定して、リスクは適正レベルに押さえておきましょう。

あなたが儲けたいからといって、儲けさせてくれるほど市場は優しくありません。予測不可能です

数万支払ってでも、専門家の助言を聞くことには価値がある

長期投資家にとって、適切な専門家の助言を得て、自分に最適の運用計画を作り上げられれば最高だ。

残念なことに、ほとんどの投資家はそのための支援を求めようともせず、またお金を払おうともしない。この怠慢のもたらす機会損失は甚大だ。簡単に得られるものを逃したことによる損失である。

独学でいけるかな…?と思って、コツコツ勉強していますが、やっぱり資産運用のことは専門家に聞いたほうがいいんでしょうね。それで飯食ってるわけですから。

ちょっと真剣に、ファイナンシャルアカデミーのお金の教養講座に参加してみようかなと考えています。DVD教材の販売もしてるので、自宅で学びたい方はそちらを買うのもいいかもしれません。

年に一回、運用を見直す

年に一度、特定の日を、あなたの「運用を考える日」として決め、一時間ぐらい静かに考えて、次のような質問に対する答えを文書で整理することをおすすめする。これらの質問は、自分自身の目的を確認し、明文化する上で役に立つと思う。

■引退後の生活を送るうえで、年金、社会保険以外に、どれぐらいの収入が必要か?

■引退後の生活期間を何年とおくか?

■どの程度の支出水準であれば、十分やっていけるか、また何とかやれそうか?

■引退後の生活の準備として、どの程度の資産を用意すれば十分か?

■自分自身の配偶者の医療・介護費用を、インフレ調整後で全てカバーするには、どれだけ保険に加入すればよいか?

■家族の一人ひとり、その他特別の人に対する遺産として、どの程度を考えるべきか?

■社会への寄付を考えるとすれば、どの程度の資産が必要か?

年一回のリバランスの時に見直したい項目。

私は寄付や家族への遺産等は特に考えていないのですが、保険が気になります。最低限の保険に加入しておけばいいかと考えていますが、実際どんな病気になるかわかりませんからね。身体が特に丈夫なわけでもありませんし…。

それに、贅沢いうと、病気になった時は団体室より個室で看護してもらいたいというのもあります。

この辺もふまえて、特定の保険会社に所属していないファイナンシャル・プランナーに保険の相談にいくのもありかもしれません。

投資家に必要な3つの資質

投資家として責任を果たす上で、必要な資質は次の3つである。

自分自身の長期的な目的や利益を掘り下げて理解しようとする意欲

■「ミスター・マーケット」の誘惑などを含めた、資本市場と投資に関する基本的な理解。

自分の投資目的に見合った投資政策を決定し、それを堅持する自己規律の精神

投資は趣味ではなく、責任。

しっかりと目的に沿った運用を続けるためにも、投資政策、自己規律、しっかりしていきたいです。

投資の目的は市場平均以上のリターンを上げることではない

投資の本来の目的とは、「市場平均以上のリターンをあげる」ことではない

投資家としての基本的責任を受け入れ、現実的な運用目的を達成しようとする人にとって、最適な投資を実践することなのである

投資は勝つこと!というマインドを捨てないと、無駄なリスクをとったり、無駄に頑張ったりしちゃうんですよね。

リスクをとったからといって必ず儲かるわけではありません。いくら頑張ったところで、儲かるわけではありません。

あなたが「この株こそはっ!」と思って保有していても、株はあなたに持たれてることなんて気にしてませんからね。あなたの思いと関係なしに、上がったり下がったりするわけです。

ですので、長期的な投資政策に沿った運用をし続けることが大切。「勝ちにいく」のではなく、「参加し続ける」ことの方が重要なわけです。

おわりに

「敗者のゲーム」は、投資初心者の方が読んでも楽しめるよう、容易な言葉で書かれています。全部が全部簡単に書かれているかというと、そうではないですけどね。投資にちょっと興味がある人なら、読んで十分理解できると思います。

いかに市場で勝つことが無駄な努力か。勝ち続けることが不可能か。ということが分かります。そして、儲けたいならインデックス・ファンドに投資すること!

投資で一山当てることに夢見てるなら、とりあえず敗者のゲームを一読して頭を冷やしましょう。直感で株式に1000万円投資してスッカラカンになるより、インデックス・ファンドに投資して1050万円にしましょう。

この+50万円を少ないと考えるか、そこそこと考えるか…。長期投資で勝利する分かれ目は、この辺の感覚にあるように思います。