ブログ1記事30分で書き上げる方法 -【書評】30分で完成する全自動文章法

全自動文章法

前回の文章術本の書評記事「文章力を上げるために大切な10コのこと」に引き続き、今回も文章術についての本、「30分で完成する全自動文章法」の書評です。

ご察しの通り、いかに早く書くか?いかに簡単に書くか?を追求しています。

怠けたいわけじゃないですよ!同じ時間を使うのであれば、効率よく書きたいわけです。

もし、30分でブログ1記事書き上げることができれば、1日に複数回更新できます。頻繁に更新して記事を増やせば、それだけPVが稼げます。収益機会も増えます。

読者の方は新しい情報を得られますし、私の方も新しい情報を仕入れて昨日より少し賢くなれます。

2〜3日かけてやっとこさ1記事UPする程度の生産性より、ずっとパフォーマンス良いですね。

なので、短時間文章を書き上げるスキルは重要です。書き手にとっても、読者にとっても、広告主にとっても、いいコトだらけ。三方良しです。

「30分で完成する全自動文章法」を読んで、ブログ1記事30分位内に書き上げる方法がわかりましたので(たぶん…)、シェアしたいと思います。よろしければ参考にしてみてください。

「結論→反論→反論つぶし」で1記事完成

ブログはオウンドメディアですから、自分の意見を主張する場であるといえます。なので、当然、ブログの記事も自分の主張を書くことになります。

しかし、一方的に自分の主張ばかり書いても、説得力がありません。なので、あらかじめ予想できる反論も合わせて書きます。そして、その反論をつぶします(否定します)。

 

「えっ?否定するために、わざわざ反論を書くの?」

 

と、思われたかもしれませんね。その通りです。鋭い!

この「反論」部分は、あえて否定するために書くんです。反論を否定することで、自分の主張を強められる(正しいかのように魅せる)効果があります。一方的に自分の主張を叫ぶよりも、説得力が増します。

ちょっと、ややこしくなりましたね。一連の流れをまとめてみましょう。ブログ1記事完成させる流れは、以下のようになります。

 

〈1〉自分の主張

〈2〉反論意見

〈3〉反論意見をつぶす

〈4〉まとめ(〈2〉ではないのだから、やはり〈1〉は間違ってはいない。という具合。)

 

どうでしょう?もう、1記事できてますでしょ?

「主張→反論→反論の否定→まとめ」で1記事出来上がりです。簡単、最速、万能なフォーマットです。

ただ、このスタイルばかり使うと「単調になる」「文章量が少なくなる」という欠点があります。しかし、その欠点を解決する方法はあります。

まずは、「単調」さを無くす方法からみていきましょう。

「倒置」と「反語」でリズムを付ける

文章の単調さを無くすには、「倒置」と「反語」を使います。文章が強調され、リズムが出ます。

倒置

倒置とは、「AはBである。」というような文章を、「Bなのは、Aである。」というように、ひっくり返すテクニックです。これによって、倒置する前の文章よりAが強調されます。

例えば…

 

「Macはカッコいい」

「カッコいい、それがMacだ!」

 

という感じです。倒置したほうが「Macがカッコいい」という気持ちが強調されてますね。文章にリズムもあります。

反語

反語は、主張に対する反対意見を「疑問形」で書き、それを否定することで主張を強めるテクニックです。

例えば…

 

「Macはカッコ悪い。なんてことあるのだろうか?」

「実は、全然カッコ悪くない!」

 

という感じです。こちらも「Macはカッコいい」という主張が強調されているのが分かるかと思います。

この「倒置」と「反語」のテクニックを使えば、文章の単調さは解決です。後は文章量を増やすテクニックですね。

「根拠」を加えて文章量アップ

「主張→反論→反論の否定→まとめ」の流れはそのままに、それぞれのパートで「根拠」を加えてやると、文章量を増やせます。

例えば…

 

1-1(自分の主張)ウォーキングはランニングより痩せやすい。
1-2(自分の主張の根拠)なぜなら、ランニングより長時間運動できるから。

2-1(反論)しかし、ランニングの方が痩せやすいという意見もある。
2-2(反論の根拠)実際、同じ時間運動した場合の消費カロリーはランニングのほうが高いというデータがある。

3-1(反論の否定)だが、数年単位で考えるとウォーキングの方が痩せやすいといえる。
3-2(反論の否定の根拠)なぜなら、ランニングは辞めてしまう人が多い一方、ウォーキングを続けられる人は意外と多いから。結局、毎日1時間であっても継続できる方が消費カロリーは多くなる。

4(まとめ)ランニングは痩せやすいが、すぐやめてしまう人が多い。長期的に考えると、継続しやすいウォーキングのほうが痩せやすいといえる。

 

と言った具合です。
それぞれのパートの終わりに「さらなる根拠」や「小まとめ」を加えてやると、さらに文章量が増やせます。

まとめ

  1. 「結論→反論→反論つぶし」で1記事完成
  2. 「倒置」と「反語」でリズムを付ける
  3. 「根拠」を加えて文章量アップ

以上が、ブログ1記事30分で書き上げる方法です。
誰でも簡単にすぐ使えるテクニックではないでしょうか?ぜひお試しあれ。

▼文章の書き方 おすすめ本▼
【文章の書き方】読みやすいブログ記事を書くためのオススメ本10冊