初心者が株で儲けるための投資スタイルとは?

ランドセル

すでに株式投資を実践しつつ、投資の勉強をしている人。もしくは、投資歴は結構長いんだけど思うように利益がでない人。こういう人は、どちらかというと、初心者の域を脱していない人と言っていいかもしれませんね。

 

自分の考え方や、慣れた手法があるのはわかります。でも、いつまでも利益の出ない投資方法にこだわっていても意味が無いですよね。そういう場合は、思い切って初心に返ってみましょう。

 

株式投資の初心者に相性のいい投資スタイルを試してみたことがあるでしょうか?実は見落としていた基本的な方法に、現状を打破するポイントがあるかもしれませんよ。

初心者は株の投資判断を瞬時にできない

当たり前の話ですが、初心者に株式売買のタイミングを瞬時に判断することはできませんよね。

 

秒単位で変わる株価や目の前いっぱいに広がる株価チャート、経済指標、アナリストレポートなどなど、判断材料が多すぎていつ自分が買うべきなのか?もしくは、今買ったのはなぜなのか?明確に判断しながらトレードすることなんて不可能です。だって、初心者なんですから・・・・。

 

なので、初心者はデイトレードで短期売買する方法は諦めましょう。例え、将来テクニカル分析重視でデイトレーダーになるつもりであってもです。

 

とりあえずは株価の動きと自分の投資判断に沿った銘柄選び。また、売買タイミングとリスク許容値が判断できるまでは控えましょう。

 

それまでは、ファンダメンタルズ分析を軸にしたスイングトレード。もしくは中〜長期投資で売り買いの感覚を掴みましょう。

 

投資経験を積んだあと、デイトレーダーに転向するとしてもファンダメンタルズ分析は十分役立ちます。単純にテクニカル分析のみを信じてトレードする人よりも、株価分析の精度が高まります。

株式市場にはプロがいることを忘れていないか?

投資市場は個人の投資資金だけでなく、大企業の資金から政府の資金まで、とんでもない巨額のお金が運用されています。

 

もちろん、企業や政府のお金を運用するプレーヤーは、とんでもない知識を持ったプロの投資家です。そういう人たちと同じ土俵にいることを忘れてはいけません。

 

プロが狙っているターゲットを同じように狙っても、なかなか大きく儲けることはできません。巨額の資金が投資されているので値動きがなだらかな上に、美味しい情報はまずプロの投資家の元へ行ってしまいます。私達の手元には降りてきません。

 

初心者が少ない資金で、できるだけ短期間に大きく儲けようとするならば、こういう大型株(時価総額1000億円〜級)は投資対象から外しましょう。

 

プロが手を出さない小型株(時価総額300億以下)を狙う方がベターです。割安株も見つけやすいですし、値動きも軽いです。株価が業績の上方修正等のニュースにビビットに反応します。

値下がりリスクを無視して全額投資していないか?

いくら分析しても、いくら良い事業内容の会社であっても、株価を正確に予想して的中させることはできません。誰がどんな投資をしようと、必ずリスクはあります。

 

なので、1つの会社だけに投資するのは危険です。複数の会社に分散投資し、値下がりリスクを回避しましょう。もちろん、あまりに多くの会社に投資しては儲けがでません。5つ前後に絞るのが無難かとは思います。

 

また、投資資金も分散しましょう。余裕資金をすべて株式投資に回してしまっては、何かが起こった時に後戻りできません。いくら多くても、余裕資金の半分までにしましょう。

 

それ以上の資金をつぎ込むのは、初心者のステージをクリアしてからでも遅くはありません。

まとめ

  1. ファンダメンタルズ分析スウィングトレード(中〜長期投資)をする。
  2. 小型株に投資する。
  3. 投資資金は余裕資金の半分までとし、投資する会社は分散する。