幸せな人生を送るためのライフワークバランスとは?

夜中のPCの前の男

人生はお金ではありません人生≠お金です。

ただ、人生を生きる上でお金は必要です。人は生きていく以上、何か食べなければなりませんし、どこかで眠らなければなりませんから、それらを確保するためにお金が必要です。

さて、ここでよく話題になるのが、次の2つの問題です。

 

  1. お金は稼げなくても、自分の好きなことを仕事にする
  2. 好きではないけれど、お金が稼げる仕事をする

 

1.は、精神的に充実した人生を重視しています。一方で、2.は、経済的に充実した人生を重視しています。

ただ、1.を選んだ場合は人生の後半で選択肢の幅が少なくなります。住む場所も、行ける場所も、食べるものも、着る服も、受けるケアも、限定されます。当たり前ですよね、経済的に豊かではないので、選ぼうにも一定額以上のものは選べないわけです。

しかし、2.を選んだ人の場合は違います。人生の後半になるほど選択肢は増えます。資産が増えていきますから、お金で解決できるものに関してはある程度自由に選択することができます。ただ、精神的には充実していません。好きではない仕事をしているわけですから。

 

この問題の解決策は、「自分の好きなことで、しかもお金が稼げることを仕事にする」です。が・・・、簡単ではないですよね。簡単であれば、日本で毎年3万人以上も自殺者は出てないはずです。

 

折衷案(せっちゅう案)として、「若いうちに稼ぎの良い仕事をして、途中で転職して好きなことを仕事にする」なんて道もありますが、それだと若いうちの数年分、人生の残り時間が減っていることになります。なかなか都合のいいようにはいかないもんですね。

ただ、私としては、この方法はベストでなくてもベターだろうとは思います。なぜなら、嫌な仕事でも良い部分を見つけて好きになる可能性があるからです。(逆に言うと、好きな仕事が嫌いな仕事に変わってしまう可能性もあります。)

また、若くて体力があり、思考も冴えている期間は稼ぎやすいということもあります。若いうちにたくさん稼いでたくさん経験値を得ておくと、それを武器に老いてからも稼げます。

若いうちに好きだからといって、稼ぎが少なく、経験の幅が狭い仕事を続けていると、老いてからはもっと稼げません

なので、私の結論としては・・・

 

「自分の好きなことで、しかもお金が稼げることを仕事にする」がベスト

でも、現実的には「若いうちに稼ぎの良い仕事をして、途中で転職して好きなことを仕事にする」が良い選択

そして、もっとも避けるべきは「好きだからといって、稼げない仕事を永遠と続けること」です。

 

『好きなことを仕事にしたいけど、それでは稼げないんだよなぁ。かと言って、稼げるけど嫌いな仕事はしたくないなぁ・・』

と、ぐるぐるループ思考に陥ってしまっている人の参考になれば幸いです。