『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』の完全無欠コーヒーダイエット 2週間実践結果!

人生QA流 完全無欠コーヒー生活実践記録です。

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」に以下のような記述がありました。

新しいダイエットに慣れて、大きく異る食事を摂ることに体が適応し、体がなじんでいくのには、だいたい2週間かかる。

ということで、2週間、完全無欠コーヒー生活を実践してみました。
(※ここで挑戦したのは、人生QA流 完全無欠コーヒー生活です。)

1日目から14日目まで、合計2週間の体重変化と、その日に感じた体調の変化を記録しています。

ブログを書く時のように「人に伝える」という書き方はせず、純粋に自分のダイエット日記を書き続けましたので、その辺りの「リアルさ」も感じられるかと思います。

1日目 完全無欠コーヒー生活のはじまり。

体重記録_01_h800
  • 16〜18時間ファスティング:✕
  • カロリー:2724kcal
  • 筋トレ:✕
  • 体重:63.70kg

2016/12/29

完全無欠コーヒーを作る手順を覚えること。また、朝に時間を確保することが難しく、結局完全無欠コーヒーを飲んだのは午後になった。
(※参考:5分で完成!完全無欠コーヒーの作り方

とりあえずは始めることが肝心。スタートは出来たので、今日から無理せず続けていこう。

2日目 食生活の不摂生が習慣になっている。

体重記録_02_h800
  • 16〜18時間ファスティング:✕
  • カロリー:2063kcal
  • 筋トレ:✕
  • 体重:63.70kg

2016/12/30

一生懸命ルールを守ろうとしているものの、とりあえず口寂しくなったら何か食べてしまう。

外でコンビニに立ち寄っては、何か食いする。という習慣が抜け切れない。ソイジョイや毎日果実は健康的なネーミングではあるものの、結局ジャンクフードには変わらないので小腹がすいても食べないほうが良いはず。

どうせ食べるなら少々高くても、体にいいものを食べよう。体が良くない食品を浄化するのに使うパワーを、もっと生産的なことに使えるようにしたい。

3日目 大きな体重変化はあったものの、体調は特に変わりなし。

体重記録_03_h800
  • 16〜18時間ファスティング:✕
  • カロリー:2740kcal
  • 筋トレ:✕
  • 体重:65.15kg

2016/12/31

朝に完全無欠コーヒーを飲んで、その後は特に普段の生活とかわりなく食事をした。

ただ、気をつけていることは、

  • 「間食を控える」
  • 「多量の炭水化物・糖分を取らない」
  • 「16時間〜18時間のファスティングを行うために、夕飯から次の日の朝までは極力なにも食べない」

以上の3点。

多少お腹はすく気がするものの、朝の完全無欠コーヒーのグラスフェッドバターの効果かが効いているのか、1日を通して腹持ちがいい感じがする。

体がエネルギー源を糖質から脂質へと切り替えている最中なのか、大きく体重が変化している。しかし、水分や計測時間でこれぐらいの増減はするので、長期的に観察していこう。

4日目 夕飯の後にお腹が空き始める。

体重記録_04_h800
  • 16〜18時間ファスティング:△
  • カロリー:1753kcal
  • 筋トレ:✕
  • 体重:63.40kg

2016年1月1日

18時ごろに夕食を食べた後、21〜24時あたりに少し空腹感を感じる。

豆乳割りの有機JAS認定オーガニックインスタントコーヒーを飲むことでごまかしつつ、眠る。
(※参考:完全無欠コーヒーのための有機JAS認定インスタントコーヒー購入!妊婦に優しいカフェインレスもあり!

やはり、ダイエットは最初の3〜5日あたりが辛いというけど、なるほどという感じ。食生活を一気に変えているので、体と脳が激しい変化におどろいているのかもしれない。

無理せず淡々と続けていこう。我慢し過ぎでジャンクフードをやけ食いするよりも、糖分・炭水化物が少なく、安全性の高いものを少し食べた方がまし。

5日目 16〜18時間ファスティングの難しさを痛感。

体重記録_05_h800
  • 16〜18時間ファスティング:✕
  • カロリー:1758kcal
  • 筋トレ:✕
  • 体重:62.75kg

2016年1月2日

やはり15時間以上のファスティング(断食期間)が難しい。豆乳割りのコーヒー以外に、リンツの85%ブラックチョコレートを食べることでごまかす。
(※参考:血糖値を上げない!ブラックチョコレート85%以上でオススメのおいしいチョコは?

日中、体がフワフワする。これは体重が軽くなっているせいなのか、栄養がきちんと取れていないせいなのか?ダイエットは体を健康に維持するために行うもので、減量で体調を壊すようでは意味が無い。

早速マルチビタミン&ミネラルを購入して飲み始める。必要な栄養素はある程度確保できるようにしておく。

6日目 ドレッシング目当てで野菜を食べない。

体重記録_06_h800
  • 15〜18時間ファスティング:✕
  • カロリー:2107kcal
  • 筋トレ:✕
  • 体重:62.8kg

2016年1月3日

やはり15時間以上のファスティングは難しい。完全無欠コーヒーであれば夜中に飲んでもいいんだけれど、作るのもめんどくさい。

これを解決するには、マイボトルの予備容器を幾つか購入し、朝に何本分か作り置きしておくことだろう。
(※参考:完全無欠コーヒーを毎朝つづけるための3つのテクニック!

先日、体がフワフワするのが気になったので、朝ごはんの完全無欠コーヒーの他にタンパク質としてコンビニで買った砂肝を食べてみたが、食べ物の渇望が湧いてくるとともに、頭がグワングワンするのがわかった。(大げさかもしれないけれど)

なので、できるだけ添加物の多い食品は避けるべき。

 

私の場合、一日にブログ記事を一記事更新するので限界だったんだけど、2〜4記事更新することが出来るようになっている。集中力が増しているのかもしれない。

感覚としては、

  • 考え事をするときに余計な雑念が同時に脳内に存在することが無い。
  • 一つの考え事以外は余計なものがない。
  • 澄んだ湖の上で一人瞑想しているような感覚がある。

完全無欠コーヒー生活に挑戦する前よりも、思考が研ぎ澄まされてきているのがわかる。

 

満腹感を得つつ、摂取カロリーは低くくするために、キャベツの千切り等のカット野菜を欲かって食べていたんだけれど、その理由はドレッシングが美味しいから。

実際のところドレッシング自体が高カロリーだし、栄養素も良いものではない。なので、完全無欠コーヒー生活中はドレッシング目当てで野菜を食べない方がいいかもしれない。”癖”みたいなものなので、少し控えてみよう。

7日目 空腹感の復活。

体重記録_07_h800
  • 15〜18時間ファスティング:◯
  • カロリー:2664kcal
  • 筋トレ:✕
  • 体重:63.30kg

2016年1月4日

ここ2、3日で「お腹が本当に空いているのかどうか?」がよく分かるようになってきた。

以前は、口寂しいと間食もなにも関係無しでパクパク食べ続けている感じだった。なので、お腹が空いているのかどうかも実感が無いというか、お腹が張っていたとしても食べていた。

お腹が本当に空いているのか?を自問自答できる感覚が戻ってきたので、食べる前にどれだけ食べるべきか?みたいな見積もりができるようになってきた。腹八分で止めるという感覚も意識できるようになってきた。

ただ、ファスティング18時間を無理やり頑張ってしまうと、やはり慣れていないせいか、その反動で昼に1000カロリーほど食べてしまった。ファスティングに関しては無理しない方がいい。

私の場合は、特に太っているわけでもないので、完全無欠コーヒー生活でダイエットするというよりも、「集中力アップ」や「体の炎症を少なくする」効果のみを求めて取り組むというスタンスでいいかもしれない。

8日目 数百グラムの体重変化に一喜一憂しない。

体重記録_08_h800
  • 15〜18時間ファスティング:✕
  • カロリー:1825kcal
  • 筋トレ:✕
  • 体重:62.25kg

2016年1月5日

昨日の夜にお腹が空いて、23時頃に鶏の塩焼きと蒸し豚を食べた。一応タンバク質を食べたが、食べた直後から増々食べたくなきたので、夜食は禁物。JAS認定のホットコーヒーやホットココアでごまかしたほうが良いかもしれない。
(※参考:低カロリーなJAS認定ココアで美容効果ゲット!ストレス解消・リラックス効果もあり

しかし、夜食べたのにもかかわらず、体重は前日よりも減っていた。この辺り、人体の仕組みはよくわからない。

株価と一緒で、直近の上げ下げにとらわれず、長期的視野で客観視し、一番最初と比べてどういう変化が起こったのかを観察すべきなのかもしれない。

9日目 摂取カロリーと体重変化に深い関係はない?

体重記録_09_h800
  • 15〜18時間ファスティング:◯
  • カロリー:2195kcal
  • 筋トレ:✕
  • 体重:63.15kg

2016年1月6日

先日の摂取カロリーも少ないし、夕方5時以降は何も食べていないのに、体重が昨日よりも増えている。そんなアホな・・といった感じ。

水分量等もあるにせよ、期待と違う結果に驚き。やはり、人体の仕組みはよくわからない。

無理してファスティング15〜18時間継続しようとすると、ファスティング時間のことばかり気になる。

「集中力UP」「栄養素を体にゆき渡らせる」「体の炎症を軽減する」といったことのみを目的とした方がいいのかもしれない。健康的でなければ、減量したところで意味は無いので。

まだ一週間ちょっとしか経っていないのでなんとも言えないが、無理して夕方6時以降に何も食べず、カロリー摂取量も低くて、次の日の体重が増えるのであれば、ファスティングは諦めて無理せずブラックチョコレートやタンパク質を摂取しながら取り組む方が、気持ち的にも楽かもしれない。

10日目 無理してファスティングしなくてよい。

体重記録_10_h800
  • 15〜18時間ファスティング:✕
  • カロリー:2567kcal
  • 筋トレ:✕
  • 体重:62.95kg

2016年1月7日

ファスティングを無理に15時間以上やろうとすると、その反動で返って翌日の朝ごはんをたくさん食べてしまう。実際、今日の朝はファスティングできていないのにもかかわらず、完全無欠コーヒーとともに、蒸し豚と野菜を食べた。

タンパク質ではあるものの、タンパク質を摂る目的で食べたというより、ファスティングを我慢した反動と言った方が正しい。

ファスティングにはまだ慣れない。「気づいたときにファスティング15時間以上できていたら儲けもの♪」というぐらいの感覚で取り組もう。

基本的には、朝ごはんを完全無欠コーヒーに置き換えて、グラスフェッドバターとMCTオイルから貴重な栄養素を取り込みつつ、食欲をオフにし、集中力をアップさせる効果を得ることを目的に取り組んでみよう。

11日目 朝にたんぱく質?それとも睡眠時間?

体重記録_11_h800
  • 15〜18時間ファスティング:✕
  • カロリー:1290kcal
  • 筋トレ:✕
  • 体重:62.45kg

2016年1月8日

前日の多めのカロリー摂取と、夜12時近くにまで飲み食いしていたのにもかかわらず体重が少し減少。何度も言うが、やはり人体の仕組みわよくわからない。2、3日の体重の増減は気にせず淡々と完全無欠コーヒー生活を続けるのが良さそう。

いつもと違うことをしたか?といえば、朝の完全無欠コーヒーにプラスして蒸し豚を食べたことか、睡眠を夕方にとったことぐらい。
(※2016/01/07の夕方のこと)

朝の完全無欠コーヒーにタンパク質をプラスするのは、早く減量したい場合に良いと「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」に書いてあった。

しかし、デメリットとして3時間後ぐらいに空腹感が戻ってきてしまうので、良し悪し。確かに、食べたら増々食欲が出てきた感じはあった。

2週間まであと少しなので、集中力を切らさず続けていこう。

12日目 ジャンクフードを食べない日々。

体重記録_12_h800
  • 15〜18時間ファスティング:✕
  • カロリー:2831kcal
  • 筋トレ:✕
  • 体重:62.85kg

2016年1月9日

前日の摂取カロリーから考えると体重が減ってそうなものだが、逆に少し増えていた。本当に不思議。やはり、数日の体重変化は水分量がほとんどと考えて良いのかもしれない。

前日の摂取カロリーが少ない理由は、朝の完全無欠コーヒーに加えて鶏料理を自分で作ったからかもしれない。

自炊すると実際に口に入れていなくても、視覚や嗅覚で料理を味わっていると錯覚するせいか、長時間にわたって食欲がオフ・・というか、満たされている状態が続く。そういった意味でも、完全無欠コーヒー生活と自炊は相性が良いかもしれない。
(※自炊が食欲を抑えたのか、鶏料理(つまり、完全無欠コーヒー+タンパク質)が食欲を抑えたのかは、不明。)

ここ最近、集中力が上がっているという実感がある。これは勘違いではないようだ。何かを考えるときに、脳内にノイズが発生しないというか、モヤがかかっていない状態。もしかすると、ジャンクフードを食べなくなったというのも関係しているかも。

完全無欠コーヒー生活をする前までは、外で歩きながらコンビニで買ったソイジョイやウイダーinバーなどをパクパク食べていたが、食べなくなった。

いくらプロテイン摂取という言い訳であったとしても、ハイリスク食品を体の中に入れたくないという思いが強くなっている。

また、豆乳も飲まなくなった。牛乳よりも豆乳が良いとよく聞くが、「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」には、最もハイリスク食品にカテゴライズされているし、ホルモンバランスを崩すと記載されている。

カフェでソイラテを頼むことができなくなって口寂しいけれど、ブラックコーヒーの美味しさに気づけるとどうでも良くなる。

美味しいコーヒー屋さんのブラックコーヒーは本当に美味しい。インスタントコーヒーの味とは段違い。豆からひいてコーヒーを淹れるとここまで違うのかといった感じ。

大きな体重の減少が見られないけれど、集中力向上という一点だけでも自分には続ける価値があるので、2週間は淡々と続けよう。

13日目 自炊は作りすぎるので危険!

体重記録_13_h800
  • 15〜18時間ファスティング:✕
  • カロリー:2200kcal
  • 筋トレ:✕
  • 体重:62.50kg

2016年1月10日

先日、自炊が視覚と嗅覚を通して満腹感を与えるのではないか?それが食欲オフに繋がるのでは?と気づいたので、昼に自炊してみた。しかし、作りすぎて食べ過ぎるという結果に・・・。

完全無欠コーヒー生活を始めてから、「こりゃやばい・・」と思うぐらい食べた。

食べ始めると、「もう・・いいや。」となりがちなもので・・・。その流れで夜もたくさん食べた。これは本当に反省。完全無欠コーヒー生活を始める前と同じような食生活に戻ってしまった。

一回の失敗で積み上げてきたもの全てが無くなるわけではないので、気持ち入れ替えていこう。あと1日なので集中力を切らさずに!

とはいうものの・・・なぜか体重は減少しているという・・。

よくわからないが、脂肪をエネルギー変換するように身体が変化してきたのかも?

甘いモノがほしい時は砂糖の代わりにエリスリトールで代用しているし、野菜のドレッシングは甘い系、しょっぱい系は辞めて、高級マヨネーズにしている。
(※参考:『エリスリトール』は血糖値を上げない!カロリーも炭水化物もゼロで虫歯菌に影響を与えない天然甘味料

昼にお肉を焼いた時も、油にはココナッツオイル、塩はピンクソルトを使った。

こういう小さな積み重ねが、体の負担を減らし、代謝や消化にエネルギーを使えるようになったから体重が減りやすくなっているのかもしれない。

素人がいくら考えても、体について完全に理解できることはない。ただ、体にリスクのある食品を減らし、健康的なものを食べることに何のデメリットもないんだから、続けていこうと思う。

14日目 完全無欠コーヒー生活2週間達成!

体重記録_14_h800
  • 15〜18時間ファスティング:
  • カロリー:2070kcal
  • 筋トレ:✕
  • 体重:62.20kg

2016年1月11日

本日で2週間の完全無欠コーヒー生活(完全無欠ダイエット生活)終了。

結果は、『14日で1.5kg減量』できた。上々の結果ではないかと思う。

おわりに

もちろん、たとえダイエットしていなくても2週間程度の期間では、水分や体調の変化で体重が1〜2kg増減することはあるかもしれません。

でも、ルールに従って一定のリズムで食生活し、できるだけ同じ時刻(朝の6時前後)に体重計測を行っていたので、この1.5kgが全て水分だと結論付けるのは無理があると思います。おそらく、体脂肪も減っているはずです。

また、「絶対に筋トレはしない!」と決めて実践したのにもかかわらず、筋肉量にさほど変化はなく(むしろ少し増えた)、体重が減ったというのも面白い結果ではないでしょうか。これは、エネルギー源が糖質から脂肪に切り替えられたからかもしれませんね。

ファスティングに関してはハードルが高かったものの、集中力UPの効果は明らかに得られたので、私にとってはそれだけでも十分継続する価値があります。

2週間、朝ごはんを完全無欠コーヒーに置き換えることと、食べる食品に気をつけるだけでこれだけで1.5kg体重が減ったので、「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」のダイエット方法論は、十分効果があると言っていいと思います。

 

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

ただ、帯に書かれている「毎日0.5キロ痩せて〜」という部分には注意した方がいいかと・・。

この本の著者であるデイブ・アスプリー氏が、もともと193cmで140kgという巨漢(失礼を承知でいうと・・、かなりのデブ・・。)だったので、極端な体重減少効果があったと考えたほうがいいよいと思います。

ちなみに私の場合はというと・・・

身長約185cm前後で体重65kg前後という、どちらかと言うと痩せ〜普通の体型から挑戦しているので、体重減少結果はそれなりに現実的な数字だと思います。
(※身長-120で65kgなので、そこまで太っていないはず。)

 

体重記録_15_w800

ところで、この記事のアイキャッチに設定した画像ですが、これは私がインナースキャンデュアル RD-903を購入する前に使っていた、Withings Smart Body Analyzerという体重計で計測していた体重記録です。
(※詳しくは「体重計はスマホと連携できる高性能なものがオススメ!『基礎代謝量』表示は必須!」の記事にて)

ご覧のとおり、体重記録しはじめてから徐々に減っていますね。現在よりも10kgほど太っていたのか・・・。(苦笑

2015年の1月あたりから体重増加し始めているのがわかるでしょうか?

そうなんです。この体重増加トレンドを察知して、このままではちょっとヤバそうだな・・と思ったので、完全無欠コーヒー生活にチャレンジしてみたというわけです。

体重記録を続けていると、こういった長期間で体の変化を発見できるので、たとえダイエットのためだけでなくても体重記録は続けておいたほうが良いと思います。

まぁ、不思議なもので、記録するだけで健康に気を使いはじめます。結果として少しづつ痩せ始める効果もあると思います。朝夕に体重計に乗るということが、定期テストのような緊張感を持たせてくれますので。

インナースキャンデュアルであれば、体重の他に内臓脂肪量や水分量、筋肉量に骨量なども記録してくれますから、肥満や骨粗相症が心配な方にもピッタリですね。
(※参考:【体重計】インナースキャンデュアル RD-903 購入!各種機能と使い方について

 

2週間、全く筋トレしない、ファスティングもほぼできていない、でも1.5kg減少(※痩せ〜標準体型の人間でも)という結果ですので、おそらく筋トレもファスティングもバッチリこなせれば、もっと効果はあるでしょうね。肥満気味の方ならなおのこと。

でも、一番大切なのは「健康」になることであって、「とりあえず体重減らす」ことではありませんから、そのあたりは重々気をつけておきたいところです。

人生をより良く過ごすためにダイエットして体質改善するのであって、ダイエットのために人生があるのわけではないですからね。

「100%完璧にこなしてやる!」なんて、深刻に捉えずに、とりあえず2週間マイペースで挑戦してみて、自分にあっているかどうか試してみるのは全然ありだと思いますよ。

 

私はたとえ体重減少しなくても、集中力UP、生産性UPの効果が非常に高かったので、完全無欠コーヒー生活との相性は良いようです。

このまま続けてハイパフォーマンスな自分をキープしていきたいところです。

 

※追記※

本日(2016/04/19)、wordpressのメディア>未添付から未使用の画像を選択し、全削除しました。ところが!この記事で使っているはずの画像まで削除されてしまったようです・・。

私のやり方が悪かったのかもしれませんが、wordpressのメディア>未添付から未使用画像を削除するのはおすすめしません。

元画像のバックアップは残っていませんし、googleのキャッシュでも確認できませんでした。

2016/04/19以降にこの記事にアクセスしてきた方は、この記事の画像を見ることはできません。大変申し訳ありません。

せっかく2週間がんばったのになぁ・・・。辛すぎる・・。


【目次にもどる】
0.完全無欠コーヒーの作り方(目次ページ)
1.完全無欠コーヒーとは?
2.完全無欠コーヒー生活を実践するための3つのポイント
3.完全無欠コーヒーに必要なもの
4.BMIから基礎代謝量まで測れる体重計の紹介
5.インナースキャンデュアル RD-903 の使い方
6.お手入れが簡単なおすすめブレンダー
7.完全無欠コーヒーのためのインスタントコーヒー
8.完全無欠コーヒーのためのグラスフェッドバター
9.完全無欠コーヒーのためのMCTオイル
10.完全無欠コーヒーの作り方
スペシャルコンテンツ